CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
ベビー救済サイト
予期せぬ妊娠でお悩みの方
と赤ちゃんの命をお守りし
温かい家庭への特別養子縁組
をサポートする
第二種社会福祉事業
NPO Babyぽけっと
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
ベビー救済★NPO Babyぽけっとのスタッフが発信するニュースと何でも日記です♪
<< 新法に添った活動 | main | 誕生日 >>
命より大事なものはない

いい季節になりました。

街のあちらこちらにこいのぼりが泳いでいます。

無事に座学・講義が5月3日・4日に終了しました。

詳細は後日、ニュースで掲載しますがやはりご夫婦のカラ−が出ますね。

感想文やアンケート1つ見てもそれはよく分かります。

最後の終了時間間際まで頭を並べて相談している姿が2つありました。

他のご夫婦がすでに帰宅したことも分からないほど真剣に取り組んでおりました。

スタッフたちやOGたちとその後反省会をしてその場でも盛り上がりました。

結果はしばらくお待ち頂きます。

そのケース事で保育研修が後の方は講義が完了しても保育研修が完了していないと待機にはなりません。

全て完了してからになります。

 

さて5月5日・・・毎年嫌でもやって来ます。

皆さんにもお心使い頂き毎年感謝でいっぱいです。

本当にありがとうございます。

子供の日に命をもらった私ですが何度も言ってますが「これは天命ですよ。存分にやりなさい死ぬまで」と言われました。

考えるにこの活動をしようなんて若い20代、30代では考えもしなかった。

今年は20年ぶりに生後6か月で預かり育てた子が訪ねて来て再会し母子寮も新しくスタートして3人が今生活しております。

新法施行でバタバタして忙しい中、4月22日のNNNドキュメントでは大変素晴らしい番組に仕上がり好評です。活動の苦労や命の現場が少しはご理解頂けたのかなと感じます。

 

私達の今の活動は妊娠中の女性が今後どうしたいのかを確認し生まれた子供を育てられないのであれば特別養子縁組という選択肢がある事を説明し理解したならば進めて行きます。

出産までの道のりがなが〜い場合ややる事が多い場合など少ない人数で手配して片づけて行きます。

なるべくは地元で出産出来る体制でおりますがそうもいかない場合は関西か中国地方かはたまた静岡にも出来そうな気配一時保護所が。

必ずどこにも会のスタッフがいるので心配はいりません。

とにかく小さな命が亡くならないように、母子が救われればいいのですから。

 

うちもですが今は介護の時代、あちらこちらで親の介護の話が聞こえて来ます。

私の母も90歳を超えていますがこのところ膝が痛いのと歩くのに杖や支えが必要になりました。

そうは言っても何かを見つけるとそこに行って帰るのを忘れ夢中になるので困ります。

草取り・・・草が伸びていたからと元気な時を思い出し母子寮の裏とか行き隠れるように草ぬきしたり声はすれども姿は見えず、時間も何しに行ったかも忘れて「ああ〜そうだった」と大丈夫を主張。

新聞の支払いも出来るし何かあると困るからとディに行くときも財布を持って行きたがり「何もないのに」と少しだけ入れてやります。

 

あんなに元気な母でしたがやれなくなったことも多くなり確実にゴールに向かっていることを実感させられます。

赤ちゃんが来るとそれでも「どこから来たの?」「どこへ行くの?」と必ず聞きます。その顔は嬉しそうです。

私の姿が見えない時は「熊本か大阪」に行ったかと聞いたり病院から帰っても「名古屋から帰って早いね」とか言い出します。

まだまだ施設には入りたくないのは誰も同じで失敗することを嫌がり見せなくなります。

まだ恥ずかしいと言うのがあるのからいいのか悪いのか。

施設でも高齢でなかなかプライドの高いおばあさんで迷惑かけているような気がします。

「どこ行って来たの?」と聞かれて「大人の学校」と答えていて笑ってしまいました。

算数やしりとりに短歌とかやるからかな、個性豊かな老人相手に施設の職員に感謝です。

「中島君か?大変だね」と送迎の時に若い男性の職員だと行きたくないと言ってたのにあららら行くのね。

おばあさんは若い男性職員でおじいさんは若い女性の職員さんが行くと喜ぶそうです。

若いっていいな、誰でもみんな同じ気持ちですね。

こういう方がいて下さり面倒を見てくれるから私も仕事が出来、遠方へも行く事が出来ます。

 

誰でも自分の家がいいに決まっています。

出来るだけは親の面倒を見ようとは思いますが寝込むようになったら無理ですね。その話をすると咳払いしていなくなるので娘と秘密に話しますが家ではなかなかいう事を聞いてくれません。

自分の親でもこんな年になっても自我があり通そうとするから怖い。より高齢になるほど自我が強くなるのでしょうか。

 

子供でも年寄りでも自分が必要とされているときは嬉しいし活気強く動きます。

人はみな平等に幸せになる権利があります。

その為に生まれて来るのにその途中で駄目になったり生まれても不幸になるのは嫌ですよね。

人生に1つしかない命をどう使うか、それは自分自身の考えと行動で決まります。

人の為に何かをさせて頂くと気持ちもいいし達成感があります。

そして次につながります。助けられたら次は助ける側になり、何か大きなアクシデントが生じたら向かい合うしかない、逃げても逃げ切れない。でんと構えて戦うしかない・・・そういう時も人生には必ずあります。

そこまで頑張って精一杯生きていたら必ず救われます。

助け船も出ます。人生で「10年前はどうだったか?」「15年前はどうだったか?」考えて下さい。

今の方が幸せな方は頑張って来たから。

辛いとか悲しいとか感じる方は今が試練、そこを乗り越えたら大きな幸せが待っています。

そして自分を成長させて頂くいい機会です。

幸せな事ばかり続かないのも悪い事ばかり続かないのも同じく人生です・・・幸せと感じるのは自分だけです。

自分が感じられたらいいのです。

 

私もここまで来るには大きな試練が2度ありました。

内容は違いますが当時はどうやっても抜け出せずに苦しかった。でも「それを捨てればいいんですよ」と言われましたが捨てられない。また思い出し悔しがる。たいした人間じゃないからです。

しばらく休みに一人で本を頼りに歩きました。そして山でも畑でもどこにでも気がつくと神社やお寺ありました。

「なんだこんなの」と思っていた時はせっかく早朝から出かけてもたいして変化もなく疲れただけでしたが時間と共に考える事が出来、自分に必要だったからこんな思いをするんだと分かると恨み言もすっ飛びなんだか嬉しくなりました。

そして出会いがありました。

沢山の方と出会い、教えてもらい学ばせてもらい今があります。

幹部たちとの出会いもその中の1つです。

今はもう私の両方の腕となり動いてくれます。

感謝感謝です。「恨んでいたらいつまでも同じ苦しみの中ですよ。悪いのいは相手ではなく自分です。全ては自分から出たのです」となんちゃって占い師(会の人)さんから言われた厳しい言葉で私は立ち直れました。

 

今はネット社会です。言いたい事を言うと叩かれる場合もあり控えめでも同じ目にあったり、ある事ない事書きたいだけ書かれて傷ついてしまう人もいます。

どこにも賛成派と反対派がいるので仕方ないのですが人が何かをしようとすると必ず反対!と言う人がいます。

政治番組を見てるとその象徴のように派閥や政党でもめていつも「賛成です!」と聞いたためしがない。

反対もあれば賛成もある、賛成派の方がうちの場合は多いので気にしないで進みましょうと言ってます。

見ないで済めば気にもならないので、事実無根を書かれても相手にしないしかないと言われました。それが現代なんだって。

まぁ、嘘はついてるほうがいつかはばれますからね。

悪い事もしていないし嘘もついていないのであれば気にしないで行くしかないでしょう。

自分の人生ですから他人に横やり入れられてもつまらないので、進むことです。

そんな暇はないでしょう皆さん。

育児にお仕事の再開に介護に学校にと、忙しい世の中ですから。

親からもらった1つの命です。光らせて大事にして下さい。

 

今年もお心使いありがとうございます。

一部紹介させて頂きました。

毎年立派な胡蝶蘭を送って頂くキウイ&ルピナスさん今年は変わった色で驚きました。

Kenken&miporinさんもいつもお茶を沢山ありがとう!

お菓子は母子寮で分けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アトム&ウランちゃんから手作りのクッキーを頂きました。

字がうまくなったな二人とも。

90歳のばあばも17歳のチィママもよばれたよ。上手い!だって。

ありがとうね。

 

| - | 16:46 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
マザーさんをはじめ、BPのみなさんこんにちは。以前に一度コメントさせてもらった者ですが、またまた突然のコメントお許し下さい。

子供の未来のため、弱い立場に置かれた女性のため、日々ご尽力頂いていますことに、同じ女性として、母として、いつも感謝しております。
ありがとうございます。


ネット社会の時代、度々BPの話も目にしますが、誹謗中傷デタラメな嘘、私はいつも怒りを覚えます。言葉は悪いですが、そんなことをしてる暇があったら人一人の命を救ってみろ!お前達にマザーさん達と同じことが出来るのか?と・・・
憶測でものを言うことが、どれだけ人を傷つけるか、考えて頂きたいですね。

BPの皆さんは、みな明るく素敵な子育てをしていらっしゃるので、そんなことは気にされていないかな?外野のおばちゃんである私が一人で怒ってしまってすみません!笑

私は、介護の仕事をしているので、お母様のお話もほほえましく読ませて頂いていますが、家族となると大変なことの方が多いことと思います。
プロの手に大いに甘えて、頑張りすぎないことが、家族の幸せに繋がると私は考えます。
BPの皆さんも小さな子を育てながら、親の介護もしなくてはいけない家庭も沢山あると思います。どうか皆さん頑張り過ぎず、人に頼ることは決して悪いことではないですからね!

陰ながらではありますが、いつも応援しています。相変わらずまとまりのない文章をお許し下さい。失礼致しました。
| YUKI | 2018/05/07 12:26 PM |









http://babypocket.jugem.jp/trackback/416