CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
ベビー救済サイト
予期せぬ妊娠でお悩みの方
と赤ちゃんの命をお守りし
温かい家庭への特別養子縁組
をサポートする
第二種社会福祉事業
NPO Babyぽけっと
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
ベビー救済★NPO Babyぽけっとのスタッフが発信するニュースと何でも日記です♪
<< ドラマ「マザーズ」第4弾に期待 | main | 生まれる! >>
ここまで来ては・・・

1年は早い。

こんなに毎年時間が過ぎるのが早くて何もしないのに1年が終わる気がします。

忙しい毎日を過ごしているからか、本当に時間がない気がします。

体が3つあればいいと思います。

6月の母子寮解体に始まる荷物の引っ越し・移動・地鎮祭・建築・完成・荷物搬入・そして怒涛の夏が終わり今も大きな波・小さな波が押し寄せたりとクリアするのに頭の痛い問題も抱え順調な裁判ばかりない中、1件づつ確定の連絡をもらうと「やった!」という気持ちになります。

 

10月14日には中京テレビさんの1年近い取材のドキュメンタリ−が放送になり午後にはマザーズのドラマも併せて放送され好評の声が続々と届いております。

やはり見られない方からの「全国放送でのオン・エアをぜひ」とか感動した方、見逃した方からの「再放送」の声など毎回のことですが本当に嬉しく思います。

モデルとなりました実親様には心から感謝致します。

今回はめぐみちゃんにもボーイフレンドが出来て・・・とまぁこれも同じにしてくれて笑ってしまいました。

めぐみちゃんが自分のルーツを知りたがった点は今のうちの娘は口にしないので分かりませんが私は大学受験が終わってから話そうかと考えています。

17歳ですからある程度の覚悟は子供もしていると思います。

100人いれば100通りの事情で同じものなどないと言う世界ですが多分、娘は何を聞いても受け入れると思います。

 

ドキュンタリ−では実親のスタッフが顔出し実名で出てくれましたが好きで出たのではなく実親としての現状を知って欲しくて最初最後の大舞台を踏む決断をしました。

過去の自分も歩いて来た実親の道を後から悩んでいる妊婦や苦しんでいる実親たちにどうか特別養子縁組が残されていることを知らせたい。またこの時は「これしかなかった。この決断しかなかった」という事を知って欲しいと言う思いで承諾したそうです。

私はいくつもの感動がありましたが私が事務局で実親たちとそばを食べるシーンでズボンに落としたのは覚えていますがそれを拾って食べた事とアイスの棒を加えて部屋に入って来たのまで放送されるとは思っていなかった。

まぁ・・・・しかしこれは重いテーマの中で中京テレビさんの独特のあそびのようなもの、少し顔が緩む笑いで・・・みたいな考えがあってかなと思いました。

 

ニコさんの息子さんの真実告知の作文には皆さん泣かされましたね。

カメラマンのずば抜けた撮影ぶりにも拍手です。

そして最後に養親さんのホワイトベースさんが「産んでくれてありがとう」実親から「産ませてくれてありがとう。待っていて下さったから産むことが出来た」という結びの言葉に納得です。素晴らしい結びでした。さすがです。

皆さんはどのような感想を抱いたのでしょうか。

今、順番にDVDが回っていると思います。感想を中京テレビさんのHPに書き込んで下さい。

 

我が家の娘は何も言いません・出来栄えはいいとは言ってますが本人の頭の中には何があるのか分かりません。

今は高校生活が楽しくてクラスが楽しくて…勉強もそのぐらい楽しく進むいいのですが。

テニス部には強い子がいてその子にかき回されて楽しくないと悩んで友人と二人で辞めました。

何人かは辞めたのかな。

また強い子の我儘にはみんな逆らわず言いなりになるのでまとまりも悪く顧問が変わったら更に最悪し全然楽しくないと言い出し「辞めたい。友達が辞めなくても私は辞めたい」と聞かないのでしょうがないと思いました。

友人のお母さんから「その子に娘は言いたい放題言われたらしいよ」と聞いて、それがたまらなかったのでしょう。

「私より下手な子はいないだろう」と言ってましたので。

こういう事は親は聞いてやるだけで何も言えないです。

「籍だけ置いとけば」とも言いましたが受験の時の評価は顧問がするので欠席じゃね。

塾の先生に相談したらしく「それは受験には関係ないよ」と言われたので喜んで退部しました。

今まで我慢して出ていましたが娘は本当に運動音痴で何もまともに出来ない体力のない子です。今回は仕方ないと思いました。

しかし最後までやり通す事とずる休みしない事は幼い頃から言い聞かせて来たので何をやっても下手くそです「あちゃ・・・」ですがそれなりに本人は楽しんで体育もしていました。

体育の授業でバレーボールもサッカーもバスケも「下手なのになんで私の所にボールが来るのよ」と怒っていました。

目に浮かびます。

だから体育系は辞めておけと言ったのに・・・

「なんでこんな運動音痴がうちに来たんだろうね」と母に私が言った事があります。

水泳も中耳炎になり塩水で皮膚科に通う羽目になったりもうどうしてこうなんだろうと思いました。

母は実母さんに面会したらまっさきに「こんなに運動音痴でしたか?」と聞きたい。

 

でも最後まで楽しく順位に関係なくやり通すことに意義があると思います。

これは教えてもどうしようもない。

字が上手い・下手や音痴・運動など生まれ持ったものはある程度は改善できるのでしょうが基本は直せないと聞いています。

だから中学の時に「剣道部」に入部し親の心配をよそに3年間続けたのは感動しました。

 

2年生になり理系の頭ではないのに看護師になる夢を抱き理系に進みました。

断然男子が多いので女子は9人だけ。そのうち5人と4人に別れていますが4人のグループで初めはみんな心の中の探り合い・・・と担任は言いましたがすごく心配しました。

しかし10月の体育祭で暮らすが1つにまとまりじゃんけんで娘が負けてリレーに出ることになり最後ではなかったようですが小さいし走り方が可愛いと男子に言われてから「お前はこのまま小さいままでいるといいよその方が可愛いから」とみんなからちやほやされて「あたし、なんだかアイドルになった感じ」と馬鹿な事を言ってます。

クラスの男子が文化祭の準備で遅くなり駅から歩いて送ってくれたり「毎日、学校が楽しい。このクラスで良かった!」なんて言ってます。

担任の先生も29歳で結婚したばかりで数学で教え方は上手ですが進むのが早いと言ってます。優しい感じで担任にも恵まれたと話しています。3年迄同じ担任だそうです。

17歳か・・・青春してます!若いと言う事はいいことだ!

娘の1年生の時の憧れの君は2年生でも同じクラスになり口もきいたことがないのになぜかあの体育祭後に名前で「○○み」と呼ぶそうです。「なんだか呼びつけに呼ばれると嬉しい」とか言ってます。

「じゃぁ、彼氏替えたら?」というと「それとこれとは別なの」

楽しいのはいいんだけど勉強もそのぐらい頑張れよ!!と言いたい。

| - | 13:47 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
マザーさん、
日々のベビー救済活動、
誠にありがとうございます!

ドラマ『マザーズ』とシッターさんのドキュメンタリー、
東京ブロックの我が家はまだ未見ですが、
様々な方向から素晴らしかったと聞きます。
とっても楽しみにしています。
見ましたら必ず感想を番組ホームページに書き込みますね♪

シッターさんのドキュメンタリーには
とても興味があります。
人は誰だってある程度は自分の意志で自分自身を作っていくのだと思います。
そして人生にはいくつもの選択がある。
どんな要素が介在しようと最終的に決定したのは自分。
ならば、人はまったく違う人間に変わることだって可能なはずです!

実母さんにとって、
分身とも言える大切な我が子を託すことが、
他人や環境によって与えられた生き方ではなく、
新しく生まれ変わり幸福になるための選択となることもあることでしょう。
その深い意味と託された責任を常に問いながら、
私達養親は真摯に子どもに向き合ってまいりたいと思います。

 この国で、親に愛情たっぷりに育ててもらえない子どもが
いなくなることは不可能かも知れません。
でも、そんな世界が
ベビーぽけっとファミリーの中では実在する。
だからこそ、
決してあきらめずに発信することが大切なのでしょうね。

☆☆☆☆☆☆☆☆

むぅちゃんがテニス部を辞めてしまったことはちょっぴり残念ですが、
社会に出て、人間関係に悩み、辞めるという選択もこれからいっぱい訪れることでしょう。
これも新しく生まれ変わる選択のひとつ。
とても大切な経験だったのでしょうね。
高校が楽しい!と言ってくれる姿が、
親としては何より嬉しいことですね♪

今年の春に、
真実告知に悩まれる他の団体の養親さんに、
マザーさんがセミナーを開催された時に、
むぅちゃんの真実告知について深く考えられている姿を垣間見て、
私達夫婦も襟を正された思いでした。
真実告知に終わりはありませんね。
養子の子ども達の成長に伴い、
様々なアプローチを経て、親も成長していくことを
これからも謙虚に学んでいきたいと思います。

どうかお身体に留意され、
これからも素晴らしいベビー救済をお願い申し上げます。
| yutapa&yutama | 2017/11/06 12:43 PM |









http://babypocket.jugem.jp/trackback/403