CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
ベビー救済サイト
予期せぬ妊娠でお悩みの方
と赤ちゃんの命をお守りし
温かい家庭への特別養子縁組
をサポートする
第二種社会福祉事業
NPO Babyぽけっと
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
ベビー救済★NPO Babyぽけっとのスタッフが発信するニュースと何でも日記です♪
<< 春風1号 | main | 5月は子供の月間 >>
誰が悲しんでくれるのでしょうか!

4月18日に「新潮45」に3年前の渋谷の道玄坂で生後3か月の女児が同居していた18歳の未成年の女子たちに虐待を受けて死亡した事件の内容が掲載されました。(P82〜P92)

今回、石井光太氏が取材されて私も知らない事件の内容や事件の背景がかなり詳細に掲載されております。

裁判にもなりましたので当時、私は多少なりとも母子とかかわり言いたいことは山ほどありましたが影響を考えて控えておりました。

しかし裁判も終わり石井氏が明確な取材をされて私の知らない部分や知りたかった部分も今回新潮で公になりましたので公表します。

 

あの事件発生時にも記載しましたが私は特別養子縁組を決断した実親のサポートをして育て親も決定しましたが最後にキャンセルとなり実母が連れて帰り実家で育てることになりました。

しかし家出癖のある実母に一抹の不安を抱えてそれでも1か月後には検診後の報告や「大事に大事に育てて素敵な親になれるように頑張ります」という希望に満ちた手紙をもらい安堵したのもつかの間の時間となりました。

詳細は新潮45を購入してご確認下さい。

 

どうしても残念なのは人間一人死亡しているのに犯人という女性が無実になったことです。

そして生んだ親やその親族が「もう忘れたい」と言ってることです。

血を分けた小さな命が無残にも殺害されて忘れてしまっていいものでしょうか。

私は協力病院で「遺体はあまりにも無惨だったのでこのままにはしない。裁判に持っていく」と言った刑事さんの言葉を病院側から聞いているので心は自分の身内が殺害された気分でした。

出産も立ち合い、赤ちゃんの写真もあります。

いつも思い出すと「返さないで置いたらこんなことにならなかったのでは」「3か月経過していてももう一度連絡をくれたら迎えに行ったのに」と何度も後悔しました。

人間に生まれて来たのに人間扱いされずおもちゃのようにされて逝ってしまった子供に「二度と同じ子供をつくってはいけない」と肝に命じベビー救済の肝筋を入れ替えました。

 

石井氏にはここまでよく取材して下さり心より感謝申し上げます。

3か月で亡くなった子供の無念を一人でも多くの方に読んで欲しいと思います。

私は今、親心みたいな気持ちです。

子供の無念をどうかみなさん新潮45で感じて下さい。

そしてご自分の子供を強く抱きしめてあげて下さい。

ジュノちゃんに心からご冥福を捧げます!

 

注:ジュノとはローマ神話で女性の守護神、実親が幸せになって欲しくてつけた名前だそうです。

  漢字では違う字ですが私にはそう説明してくれました。

 

 

 

 

 


 

| - | 21:14 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
辛すぎる、悲しすぎる、怒りがこみ上げる事件ですね。
何もできない者に対して、どうしてここまで酷いことができるのかと、それがどうして罪に問われないのかと考えると、理解ができません。
大変ですが、笑うようになってきて、お乳だけを飲み、ひたすら寝ているかわいい時期なのに…。
日本の法の裁きは、親殺しより子殺しの方が罪が軽いですよね。同じ命なのに、いつまでこの裁きが適用されるのでしょうか。
親が忘れたいって…。どうしたら忘れられるのか、親が忘れてしまったらこの赤ちゃんが可哀想すぎる。
皆でいつまでも覚えておいてあげましょう。それが、事件を風化させない、ジュノちゃんのせめてもの供養になればと思います。

私は、学生の分際で2度妊娠し、中絶を迫られ、その当時に特別養子縁組制度という存在を知らず、泣く泣く中絶しました。私は殺人者だ、そう思って生きています。早く死んで、2人に謝って(謝って済まされることではないけど)、思いっきり抱っこしたい。忘れることなんてできません。
養子に出した子供の上に、育てている子供がいて、その前に夫との間にできた2人の子を流産で亡くしました。きっと中絶した2人の子が、許してくれなかったのだろうと思いました。
でも、1人は養子に出してしまったけど、2人産ませてもらえることができて、嬉しかったです。少し許してもらえたのかなと勝手に思っています。
自分に宿った子が、生きて元気に暮らしていることが本当にうれしい、ありがたいです。

犯人、親がどんな風に育ったのかはわかりませんが、赤ちゃんをほったらかしにし、おもちゃにしていい理由はないと思います。
勇気を持ってもう一度、助けを求められていたらと残念でなりません。

私は、幼少期から学生時代に性を玩ばれて性依存になり、中絶という罪を犯しましたが、やっていい理由になったとは思っていません。だから養子に出した子は、絶対に中絶したくなかったので、いろいろ調べ、特別養子縁組を知りました。当初別団体に相談しましたが、自費で自力で、遠方まで来られるかと実現不可能なことを言われたり、途中まで相談に乗ってくれていたのに、私に精神疾患があると言うと、拒否した団体もありました。
でも、こちらの会は、私が半ばパニックになりながら電話をかけると、大丈夫と受け入れて下さったのです。本当にありがたかったです。
私は、過去の性被害のせいで、極端にストレスに弱いので、子ども好きで、愛おしいのに、出産後のストレスに耐えられず、家族を虐待していました。最悪生まれてくる赤ちゃんを死なせてしまっていたかもしれないので、救ってくださった会には、感謝しかありません。
言い訳ですし、理解できないでしょうが、子供のおむつ替えをしていると、自分が寝かされて行為をされていた場面がフラッシュバックするのです。精神を病みました。上の子のときのことが甦り、まともな育児ができる自信がなかったので、託しました。

ただ、自分がどんなに酷い目に遭ってきてようと、罪のない赤ちゃんの命は犠牲にして欲しくなかった。
お腹の中で、無惨な方法で殺してしまった私が言える立場ではないですが。

40代、50代の中絶が多いと聞きます。予期せぬ妊娠だったのでしょうね。かく言う私もそうです。
私も妊娠して初めて知った事実でしたが、できたらなかったことにするのではなく、勇気を出して産んで託すという道もあるのだと知ってもらえたらなと思います。自分の命をかけるので安易に言えませんが…。

かなりの乱文、自分語りで申し訳ありません。
こんなに痛々しい事件は二度と起こって欲しくなく、コメントせざるを得ませんでした。
会の皆様、お忙しいでしょうがどうかご自愛くださいませ。
| 実親の一人 | 2017/04/21 4:29 AM |
新潮45,読みました。
ジュノちゃんがなぜこんな死に方をしけらばならなかったのか、涙なしには読めませんでした。
ジュノちゃんが生きていたこと、生きたかったであろうこと、受け止めて私の心に刻んでおきます。
ジュノちゃんにご冥福を心より申し上げます。
| ぽぽん | 2017/04/23 4:20 PM |
この新潮45、当地の本屋ではすぐに売り切れてしまい、取り寄せに時間がかかりました。遅ればせながらのコメントお許し下さい。
この事件はとてもショッキングなものでした。
特に、赤ちゃんを虐待していたとして逮捕されたのが、赤ちゃんの血縁者でないばかりか実母の家族や縁者でもない未成年だった点は、 すぐには事実を飲み込めなかったほどです。
一体どういう経緯で赤ちゃんが他人の手に渡ったのか、なぜ亡くなるまでに至ったのか、当時は頭を離れず胸がざわついて仕方ありませんでした。
BPに関わるようになり、この事件にマザーさんが関わっていたことを知り、更に衝撃を受けました。
こんなに身近にあの赤ちゃんを知ってる人がいた!と身震いしました。
生と死は紙一重で、あっけなく手をすり抜けてしまう命もあれば、危ないところからサッとすくい上げられる命もあり、「助けられたのに」と後悔することもあれば、「助けられたのは奇跡」と感謝することもある。
一体何が運命を分けるんだろう?と考える時、それは定めであって、きっと人の力の及ばない何かがあるんだろうと、どこかそう納得させようとする自分がいましたが、ジュノちゃんを思うと到底そんな風に納得できません。
先日、裁判が結審したことをニュースで知り、ジュノちゃんの人権や尊厳が軽んじられたように感じ、言葉を失いました。
新潮45の記事は辛い事実が多かったですが、辛いことも知ることは力になりますよね。
かつての私がそうだったように、公的機関にも臨床にも「この子は大丈夫だろうか?」と悩みながら女性や赤ちゃんを見送っている人がいます。
同じように悩む人に私はこの事件のことを伝えていきたいと思います。
記事にして下さったこと、石井さんに感謝申し上げます。
また、井戸端日記で取り上げて下さったマザーさん、その強い気持ちにまた心打たれました。
これまでもこれからもBPが命の砦でありますように。
| とん漬け一家 | 2017/04/28 10:26 PM |
この事件に関してどのメディアでも飛びつく情報を私はいくつも持っています。
養子に出したいと願った事や出産に立ち会った事、また検診に行って来たと言う報告の手紙や写真など私は沢山情報を持っているのに公に出来ない。
裁判に私を召喚してくれたら当時知ってることや感じたことなどいっぱい話したいとどんなに思ったことか。

3年もの月日が流れてからの裁判、本当に「なぜに今頃?」と忘れていたものを呼び起こした感じでした。

私は活動に行き詰まり問題が解決できない時や心が萎えてしまった時にそっとジュノの写真を取りだし見つめます。
そのつぶらな瞳は「どうした?迷うな、突き進むまで」と言われているようで弱音を吐きそうになるのをこらえます。

そしてベビー救済を始めて4件目で病気があるかもしれない子の縁組で1年もの時間がかかりその子は海外の親元に引き取られて行った事、そして今回のジュノの事件は私を弱い立場の小さな命を守る・・・養子縁組に拍車をかける事となりました。
だから特別養子縁組しかないのだと、新しい親を見つけて上げないと幸せにはなれないと思うのです。
人間は幸せになる為に誕生して来るのに罪なき命を奪って忘れたいはないでしょう。
私でさえ時間が経過しても「返すべきではなかったのか」と考えると苦しくなります。

生きたくても生きられなかった命の為にもご縁があったらどうか皆さん、大事に大事に受け止めて上げて下さい。
| マザー | 2017/04/29 12:29 AM |









http://babypocket.jugem.jp/trackback/387