CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
ベビー救済サイト
予期せぬ妊娠でお悩みの方
と赤ちゃんの命をお守りし
温かい家庭への特別養子縁組
をサポートする
第二種社会福祉事業
NPO Babyぽけっと
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
ベビー救済★NPO Babyぽけっとのスタッフが発信するニュースと何でも日記です♪
<< どすこい・どすこい・・・しこふんじゃった!! | main | 誰が悲しんでくれるのでしょうか! >>
春風1号

新学期のスタートですね。

1期生始め3期生ぐらいまでが新一年生になり新しい一歩を踏み出したのでしょうか。

おめでとうございます。

 

我が娘も高校2年生となりクラス替えで理系に進んだので39名中女子9名という何とも男臭いクラスに入りました。

仲良しとも別れて顔見知りの男子が2、3名いる中、新しい友達作りをしながらの1年間となりそうです。

いつまでも友達とつるんでいられないのはよく分かっていますがそれよりも私は娘が理系でついていけるのかが問題で心配です。

自分でも頭の先からつま先までどうみても文系の頭なのに・・・・という娘が看護師になるなら理系がいいという担任の勧めもあり理系に決めましたが果たして着いていけるのかが心配でなりません。ぴぃ焦る困った汗

友達を作ることには慣れている子ですがどんなクラスなのか、担任は横にふと〜い男性の先生だそうです。

 

さて、5日に7年前に母子寮に移動して来て出産し養子に出した実親さんが訪問されました。

BPになりスタートした矢先の事ですよね。

翌年に無事に出産してなかなか帰る場所が見つからず結局8か月滞在した実親さんです。

当時はちょっと変わっている子で困ったちゃんでした。

でも基本の常識は持っている子で「どんなことがあってもこの子は殺せない」と出血していて母子共に危険で「早く中絶した方がいい」という医師の話を蹴って当会に相談して来ました。

何度も死のうと思ったと話してくれました。そのたびにお腹が痛くなる。最後はマンションの屋上から飛び降りる覚悟までしてぎりぎりまで行ったけどお腹が痛くなり止めたそうです。

子供が「死なないで」というメッセージを送っていたのでしょう。

そして最後BPを見つけて連絡して来て所持金は1000円でした。壊れたサイズの合わない靴を履き紙袋1つを持って移動して来ました。その後は安静を取るようにと言われて診察にもこまめに通いました。

 

ご飯の作り方もよく分からず教えたり支援物資を皆さんから頂き食べ物や服まで頂きました。

家庭の事情で親が離婚し継母が来て虐められ、虐待ですね。高校のジャージを着て田舎の山を2つ超えて逃げて来たそうです。

1度通報されて失敗し家に連れ戻されていましたが2度目は死ぬ気で家を出たそうです。

昼間に動くと未成年なので警察に捕まると思い、夜に行動したそうです。

空腹な時はコンビ二ゴミ箱の食べ残しの弁当をあさり、飲み残しの飲料水を飲み空腹をしのいだそうです。

壮絶な日々を送り地域を転々とし関西地方に流れ着きそこで風俗業をしたそうです。

そこで子供の父親と出会い、その男性の借金の保証人を頼まれて断り男性は出て行き、残ったのは男性の置いて行ったチキンラーメンのみで電気ガスが止まり、チキンラーメンをかじりながら過ごしたそうです。

 

家賃もつわりで働けず滞納が続き、出るにも出れないという事で不動産屋と念書を交わして私が責任を取る形で出ました。

だから元気な子を産んでくれないと困ると言って、とにかく診察に連れて行くのが何より先決でしたね。

こういうケースは初めてだと不動産屋も言い、事情を説明したら「あんたはいいところに相談したね。こんなところはないよ。もうこういう人生を歩まないようにしっかり生きて行きなさい」と励まされたそうです。

 

幼い頃に親が離婚し新しい継母からは虐待されて何一つ人間らしいことを教えてもらえず理不尽な形で社会に飛び出した訳ですからこの親が何も出来ないのは仕方がない。やろうと言う気持ちだけはあり教えたら素直だからやります。

母子寮を出る時に私はまだ早いと反対して「もう私からは何もしないから何かあったら来なさい」と言い、自分で見つけた職場に行きましたがその後2年間は音沙汰無しでしたが正月2日に「行っていいですか」と連絡がありました。

2年ぶりの再会でしたが派手目は変わらず「言われた通り、あの会社は3か月でつぶれました。その後、2つ掛け持ちでバイトして今は市内で一人暮らししています。風俗はダメと言われたのでやりませんでした」と。

それからつかず離れずの感覚を開けてというより向こうから来たい時に「来させて」、会いたい時に会うという事にしました。

べったりは嫌な性格の子ですから。

 

でも「マザーさん?行っていい」という時はまぁろくな事はない。

職場で虐めに合ったとか変な上司に言い寄られて脅されたとかときたま霊感の強い子で変なのを私に置いて行く時もあり私が体調不良を起こしたり娘が嫌な夢を見たりとまぁ「あんたは・・・」と言うと「えへへへ」と苦笑い。しょうがないねこれも出あったご縁だね。「塩持って歩け」とか「月に1回は神社に参拝しなさい」と言いました。氏子さんの家系なので。神様が守ってくれると思います。本当は巫女さんになりたいそうですが継母がいるので諦めたそうです。

そして次に会った時には「将来を考えて福祉の道に進もうと思います。働きながらお金貯めて看護師になれるように頑張ります」と言って来ました。正直「あの子では無理じゃないか・・・感も強いので病院勤務で大丈夫か」と思いましたが彼女は頑張りました!

始めて受験して落ちて目が覚めて予備校に通い3年かかりましたが今年めでたく専門学校に合格して4月から引っ越して働きながら学校に通うそうです。

1年で90万の授業料で270万かかり、入会金や教材費や研修費なども別にかかり大変なお金で貯金もなくなりましたがそれでも大きな夢に向かって輝いていました。

顔つきも変わり逞しくなり落ち着いていたし話も常識ある言い方で3年間の苦労が実を結びました。

 

午後から来て夜9時過ぎまで話して夕飯を食べて何度も「よくここまで頑張ったね」と言いました。

「関西を出なかったら茨城に来なかったら今はなかった」と言いました。

8年間実家の父親とも音信不通のような状態でしたが父親だけは手紙を出して最後にメールしたいと言うとアドレスを教えてくれて8年かかったけど最近再会したそうです。

疲れきっており家庭崩壊の1歩手前だと話したそうです。娘一人を追いやって8年も何もしてやらず心の中では義母の言うことが真実だったかどうか理解出来たと思います。

「これからは応援するよ」とアパートの保証人にもなってくれて今後も合いに来ると言ったそうです。

実親の人生・・・妊娠により大きく人生を変えてしまう場合も多くありそこから幸せになって行くのは簡単ではありません。

最後は自分の考えと責任で決めて行くことになりますが私はそういう時に相談相手になってやりたいなぁ、BPはそんな団体にしたいと思います。

生きるか死ぬかの選択肢を迫られて子供だけは生かしたいという母の願いは最後は子も母も幸福へと導いて行きました。

母は強しです。ささやかですが皆さんから毎年頂いているぽけっと基金からこの実親さんにお祝いの門出として助成金を渡しました。「いいんですか?」「後で返せとは言わないから今後に使ってね。応援しているよ」と言って「握手したくなった」となぜか握手を求めて来たので「頑張るんだよ。本当によくやったね。立ち直って嬉しいよ」と言いました。

 

結構、実親さんは「将来看護師になりたい」とか「助産師になりたい」という声をよく聞きます。

大変な時に助けられたからでしょうか。

こういう話は何度聞いてもいいですね。皆さんに新しい春風が吹きますように

| - | 17:18 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
HP時たま拝見しています。
1児の母、看護師です。

血は繋がっていなくてもとても温かい素敵なファミリーいっぱいの団体ですね&#9825;

看護師は、色々の経験をもった方が多いです。
私は高校からストレートで大学進学しましたが大学に入ってみたら、社会人経験をされた方などもいていい刺激になりました!

看護師になり、はや10年になりますが体、心の痛みを知っている看護師は芯がしっかりしていると思います。実親さん、いままで苦労して苦しんだ分、人の痛みを分かってあげられるいい看護師になると思います!頑張って下さい。
そして次世代の苦しむ人達を助けてあげてください!

娘さんも看護師を目指しているとのこと。
これから勉強大変ですが、頑張ってくださいね!看護師は文系でも理系でも大丈夫ですよ&#128076;
根底に優しさや人としての暖かさがあるのが1番だと私は思います!

突然のメッセージ失礼しました。陰ながら団体を応援しています!
| ゆさ | 2017/04/09 7:46 AM |
☆☆さんお元気ですか?

数年前のシンポジウムで少しお話させてもらいましたよね?
一時期は、電話とかメールもさせてもらってましたが
がんばってたんですね!

すばらしい〜♪

陰ながら応援しています☆


| らぴす | 2017/04/09 1:40 PM |
マザーさん
日々のベビー救済活動、
誠におめでとうございます!

おかげさまで我が家のゆぅちゃんが
小学校に入学することができました!

同級生となりました
旧会の先達OBの子ども達と、
初期の面接組の子ども達。
真実告知シンポジウムでは、
みんなでランドセル持ち寄って記念撮影したいものです♪(笑)

私たちが初めて面接説明会をさせて頂いた時は、
むぅちゃんはかわいいお洋服を着た小学生の女の子でした。
それがもう高校2年生だなんて。。。
びっくりです。(^O^)

実母さんの春風のお便り。
嬉しいですね♪
この実母さん、
めちゃくちゃ覚えてますよ~!
o(^-^)oワスレラレナイ!
面接説明会のお手伝いをさせて頂いた時に、
お腹が大きい実母さんのお腹を触らせて頂いたり、
赤ちゃんだったゆぅちゃんを抱っこしてもらったりしました♪
シンポジウムにも顔を出してくださってましたね。

分身といえる我が子を私たち養親に託した後も、
実母さんの人生は子どもの成長と同じ時間の流れの中で
ずっと続いているのですよね。
私たち養親ファミリーは勿論ですが、
実親さん達の近況も何らかの形で会に伝えてくださると、今現在妊娠中やこれから会に相談を考えている実母さん達の希望にもつながるように思います。
素敵なことですね。

色々なことがあったことでしょうが、
子ども達は決して『過ち(あやまち)』ではありません。
希望に溢れる未来を私たちに繋いでくれる大きな存在。
それは養親にも実親さんにも同じこと。
おっしゃるとおり、母は強しですね!
胸を張ってこれからも生きていって欲しいです。
| yutapa&yutama | 2017/04/10 7:06 AM |









http://babypocket.jugem.jp/trackback/386