8月26日の日曜日、大変暑い1日でした!

日本武道館には若い頃コンサートに何度も通ったので懐かしく九段下の出口から歩きながら昔を思い出していましがとにかく暑い。

そして前には延々と歩く人たちと並ぶ列とで驚きました。

私は武道館に3時に来て下さいと言われてましたが募金をする方々が区切りになりながら待っていました。

こんなにも多くの人が募金に来るんだと目にすると迫力がありました。

北口に局側のスタッフが来てくれて控室に行くまでがまた長い、行きかう人・人、見た事ある顔?誰?モデルさんやタレントさん達で武道館ステージ付近は入れ替えでごった返していました。

 

とりあえず少し時間があり、たーとなーさん家族とセントちゃん家族と合流し控室で子供たちが走り回ったりしているのを見てるリアンちゃんがセントパパに抱っこされて安心している姿は嬉しいものです。

大きな体で大きな腕の中に入ると安堵感があるのでしょう。

貫禄のたーとなーさんはでんと構えていましたが本番でみんなでステージの裏側に行くとやはりドキドキ感はみんな隠せません。

番宣のVTRを裏でも見る事が出来、それを見てもうセントパパが「俺もう泣きそう・・・」と言うので「これからが本番だよ」と笑いました。

セントちゃん家族がここまで来る道のりを伝えていましたが簡単に決めた事ではない事、セントパパが「うちに来る子はどんな子でも俺らの子や」というのは強いメッセージだと感じました。ジーンと来るものがありました。

 

また、たーとなーさん夫婦が壮絶な病気との闘いに勝利して子供を迎えた事、たーさん自身が養子で「殺さずに産んで施設に預けてくれた事に感謝している」と言う言葉にも重いものを感じました。

壮絶な闘病生活があり乗り越えたからこそ今は懐も大きくでんと構えていられるのだろうなぁと思いました。

体験は宝です。自分を成長させてくれます。人間として一回り大きくなります。自信を持たせてくれます。そして何より人として優しくなります。

 

色々な事を考えていて3組の引き渡しの時を思い出して私は感激していました。

CMを入れて休憩になると出演されたタレントさんや歌手の方々が私たちの前を通り控室に向かいます。

みんな「テレビで見る人!」当たり前ですが、意外に細い方が多くて目の前に一青窈さんが来て話しかけて来たのが印象的でしたね。

セントちゃん家族のテーマソングとして歌ってくれたんですね。

「後ろにいた女性群がみんな泣いていましたよ」と言ってました。

大勢の観客の中で、ご夫婦は少し緊張していたようですがあっと言う間、以外と長い・・・どっちの感想でしょう!

最後の締めはサルサソースさんご夫婦に引き渡しで私たちの到着を待ちながら気分はハイテンションになり泣き出しているシーンです。

実はあの時、周りに行きかう人達は訳が分からず「何やってんの?」状態でキョロキョロして通り抜けて行き、木村佳乃さんを見つけて騒いでいるのをスタッフが「止まらないでまっすぐ行って下さい」「写真は撮らないで・・・」が遠くで飛び交っていました。

私の後ろにはカメラ大小3台構えており何を撮られるか怖いなぁと思いながら話していました。

 

感動で滝のような涙を流して待っていてくれたその姿はまた見る方々にも同じように感動を与えたようです。

今回実親さんの話は一切出ていませんでしたね。

ドキュメンタリーとしての映像ではないと考えていたのでしょうか、短い10分枠ですが本当に3家族に上手くスポットが当たり素晴らしい内容にまとまりました。

これではもったいないと言う事で1時間枠が決定しており詳細は後日HP上に掲載しますのでお楽しみに!

 

裏でも表でも感動して終了したら徳光さんが私とたーとなーさんとこに来て下さり「感動しました!素晴らしいお仕事をされていらっしゃいますね。大変な事もあおりでしょうが頑張って下さい。」とお言葉掛けして下さり本当に嬉しかったです。

プロデューサーたちが「本番中なのに裏に降りて来て徳光さん珍しいです。相当感動されたんですよ」と言われました。

本当に優しいお顔でお茶の間の人気者だなぁと思いました。そのままの方でした。

本当、色々おありで大変ですと言いたかった。(〃艸〃)ムフッ

 

短い時間に関西から関東にと木村佳乃さんも行ったり来たり、スタッフも同じく暑い中本当にご苦労様だったと思います。

皆さんのお陰でこんな素晴らしい映像となり物凄い反響になり、その後会のHPは数時間パンクしてしまい開きませんでした。

スタッフから連絡をもらい確認したら本当にアクセスが集中しておりと表示されていました。

同じくフリーダイヤルにもこちらはなぜか養親希望のご夫婦からどんどん連絡が入り、私は移動中の電車だっていうのにもう。

しかも残念な事に高齢な方が多くて年齢制限を超えていらしてお断りの電話に変わりました。

 

24時間は毎年反響も大きく怪物番組と言われております。その中にぽけっとの活動を入れて下さり会員一同感謝しております。

多くの方々に強いメッセージが発信できたことでしょう。

5日が経過しましたが今だメールや電話があります。

ディサービスの職員さんからも「昨日見ましたよ」「感動しました」と昔の職場の方からもいきなり来ました。

娘の高校の父兄さんやお友達やらみなさんやっぱり24時間をご覧になっていますね。

会の活動で幸せになる家族がいる事が理解されてみんな喜んでおります。

 

セントちゃんのテレビ出演で急きょ、たーとなーさん家族と私も武道館に呼ばれましたが、短い空き時間に木村佳乃さんも顔見に来て下さりみんないい記念になりましたね。

木村佳乃さんは2年前のドラママザーズに出演して下さりそれから子育てって何だろうと考えるようになったそうです。

「いつも応援していますからね」とあのキャラで言って下さいましたしマネージャ−さんは厳しい方だと伺っておりましたが涙目で「感動しました。良かったです」とうなづきながら握手してくれました。

猛暑の中、関東まで2組が来て下さりありがとうございました。

いい記念になりましたね。

また明日から頑張ろう!です。

 

会員の皆さんの善意の寄付は計361,848円となりこの日、日本武道館の募金コーナーにお預けして来ました。

ぽけっとの子供達の顔写真がいっぱい貼ってあって募金が見えないくらいでした。

募金して下さいました方々に厚く御礼申し上げます。

 

会員の募金は361,848円でした!凄い!

 


今年の24時間のTシャツ、娘と私に頂きました

 

 

実は離れて東京ブロックのOBたちが見守ってくれておりました。

この姿にも木村さんやスタッフの方々は感動されたそうです。

みんなで記念写真です!

 

 

 


放送が始まるちょっとの時間に時間を見つけて下さった木村佳乃さんと