CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
ベビー救済サイト
予期せぬ妊娠でお悩みの方
と赤ちゃんの命をお守りし
温かい家庭への特別養子縁組
をサポートする
第二種社会福祉事業
NPO Babyぽけっと
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
ベビー救済★NPO Babyぽけっとのスタッフが発信するニュースと何でも日記です♪
誕生日

母の日に沢山のカーネーションやらお花やら贈って頂き、ありがとうございました。

5月5日の誕生日と併せて申し訳ございません。

宅急便と郵便局がこの日は1日に何回も来て「お届けが多いですね」というので「誕生日なので送って下さるのです」と言うと「毎年ですよね5月5日は・・・」とよく覚えてくれてます。

 

自宅も事務局も頂いたお花でいっぱいです。ありがとうございます。

中には子供たちの絵やお手紙も入っていたりで嬉しいです!ピカソ級の絵もありました!

この頃、大きくなったので引き渡しで駅で合ったり交流会で子供たちに合うと「マザーさん」と声かけてくれてから「あのね、これ買ったの」とか「ママと遊びに行ったんだよ」とかまぁ教えてくれたり話が出来るんだと思うとほんの少し前に抱っこして連れて来たのにとウルル来ます。子供たちよ成長しているんだね。

 

5月16日は娘の18歳の誕生日でした。

勿論、私は今年もいません。「明日は私の誕生日なんだけど」「ごめん、引き渡しで泊まりだわ」というと「今年もいないの?去年もいなかったよね?その前もいなかったんじゃないの。毎年いないんだからもう1<><>」と怒られました。

花の18歳・・・青春してます。ニキビが結構酷い。あと手汗が子供の頃よりどんどんエスカレートしていて足まで汗が酷いとマメに靴下取り替えていたり皮膚科では手に負えないようです。困ったものです。

勉強していてノートも汗でよれて来るそうです。「この手なんとかして」というけどDNAが違うからうちには誰もこういうのはいない。

そのうち何とかなるよと言いつつ10年以上が経過しております。

 

先日、数年前に養子に出した実親さんと会う機会がありましたがその時に、緊急で養子に出した子共と再会しました。

私も頭には全然なかったので養親側から申し入れされて「上手く行くかな」と心配もありましたが「何とかうまくまとめよう」と思いました。

用事が済んで最後に「実は養子出した子があなたにどうしても会いたいと前から言っていたんだけど・・・どうする?今日、来てるのよ。嫌ならいいからね。遠くから見送ると言ってるので」というと驚いてはいましたが「私でよければ会います!」と言ってくれてその頬には涙が流れていました。

その子に「お母さん会ってくれるんだって。良かったね」と言うと嬉しそうにスキップして外に出て行きました。

でもいざ目の前に行くと恥ずかしくてもじもじして・・・養母さんの横に隠れたりまたその姿も可愛く見えました。

「あれ、会ったらなんていうんだっけ?」もう近くに行きたいけどいけない。

では少し走ろうかと車で実母さんは来ていたので母子を乗せてもらい私たちはタクシーで近くまで行き待つことにしました。

30分ぐらいして現れたら手をつないで、落ち着いたようでした。

2時間ほどでしたが3人で話が出来て再会した時よりニコニコして嬉しそうでした。

 

母には母の事情がありそれはまだ子供には分かりませんが成長して「会いたい」言い出して会えたら子供には凄くいい経験です。

まだ小さいから自分が実母の写真を見てて「会えたらいいなぁ」というぐらいだったでしょうが実際に合えたらただただ「会えて良かった。嬉しかった」と思う事でそれだけで安心するのでしょうね。

毎回、こういう事が起きるわけではないですが今回はたまたまこういう機会に恵まれて実親さんも承諾してくれたのでいい再会になりました。

言えなかった自分の話も少しは出来たようですしこの実母にとっても思いがけない再会は今後生き方にいい影響を及ぼして欲しいなぁと思いました。

「相談してくれてありがとう」と実親には言いましたが「自分も子供に合えるなんて思いもしなかったので本当に良かった。頑張ります」と言って別れました。

 

帰宅して養父に今日の出来事をお腹いっぱい話してあげたことと思います。

産むことが終わり次に養子に出すことを決断し手渡して一人になると急に起きる喪失感との闘い。これがたった一人ではきついのです。陰ながら「がんばれ!がんばれ!」と応援するしか出来ない私達です。

この実親さんにも幸あれと祈ります。

 

うちの18歳の高校生は中間テストの真っ最中。「私の誕生日の近くにテストなんてやめて欲しい」とぶつくさ言ってます。

テストが終わったら私はプレゼント買わされそうです。

「今年は財布がいいなぁ」とか言ってるので聞こえないふり。

「あんたがネットで買ったブラウス私が払ってあげたからそれが誕生日プレゼントでいいでしょう?」と言ったら「あれは自分で6月までに払えばいいからいいんだよ」と怒っています。

私立でお金かかるのも考えていないこどもです。これから益々受験モードに突入していくのに。模試も何度も受けるしかないし結構かかります。

塾も高校となると高額でふ〜〜です。こっちも頭が痛いです。

| - | 23:13 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
命より大事なものはない

いい季節になりました。

街のあちらこちらにこいのぼりが泳いでいます。

無事に座学・講義が5月3日・4日に終了しました。

詳細は後日、ニュースで掲載しますがやはりご夫婦のカラ−が出ますね。

感想文やアンケート1つ見てもそれはよく分かります。

最後の終了時間間際まで頭を並べて相談している姿が2つありました。

他のご夫婦がすでに帰宅したことも分からないほど真剣に取り組んでおりました。

スタッフたちやOGたちとその後反省会をしてその場でも盛り上がりました。

結果はしばらくお待ち頂きます。

そのケース事で保育研修が後の方は講義が完了しても保育研修が完了していないと待機にはなりません。

全て完了してからになります。

 

さて5月5日・・・毎年嫌でもやって来ます。

皆さんにもお心使い頂き毎年感謝でいっぱいです。

本当にありがとうございます。

子供の日に命をもらった私ですが何度も言ってますが「これは天命ですよ。存分にやりなさい死ぬまで」と言われました。

考えるにこの活動をしようなんて若い20代、30代では考えもしなかった。

今年は20年ぶりに生後6か月で預かり育てた子が訪ねて来て再会し母子寮も新しくスタートして3人が今生活しております。

新法施行でバタバタして忙しい中、4月22日のNNNドキュメントでは大変素晴らしい番組に仕上がり好評です。活動の苦労や命の現場が少しはご理解頂けたのかなと感じます。

 

私達の今の活動は妊娠中の女性が今後どうしたいのかを確認し生まれた子供を育てられないのであれば特別養子縁組という選択肢がある事を説明し理解したならば進めて行きます。

出産までの道のりがなが〜い場合ややる事が多い場合など少ない人数で手配して片づけて行きます。

なるべくは地元で出産出来る体制でおりますがそうもいかない場合は関西か中国地方かはたまた静岡にも出来そうな気配一時保護所が。

必ずどこにも会のスタッフがいるので心配はいりません。

とにかく小さな命が亡くならないように、母子が救われればいいのですから。

 

うちもですが今は介護の時代、あちらこちらで親の介護の話が聞こえて来ます。

私の母も90歳を超えていますがこのところ膝が痛いのと歩くのに杖や支えが必要になりました。

そうは言っても何かを見つけるとそこに行って帰るのを忘れ夢中になるので困ります。

草取り・・・草が伸びていたからと元気な時を思い出し母子寮の裏とか行き隠れるように草ぬきしたり声はすれども姿は見えず、時間も何しに行ったかも忘れて「ああ〜そうだった」と大丈夫を主張。

新聞の支払いも出来るし何かあると困るからとディに行くときも財布を持って行きたがり「何もないのに」と少しだけ入れてやります。

 

あんなに元気な母でしたがやれなくなったことも多くなり確実にゴールに向かっていることを実感させられます。

赤ちゃんが来るとそれでも「どこから来たの?」「どこへ行くの?」と必ず聞きます。その顔は嬉しそうです。

私の姿が見えない時は「熊本か大阪」に行ったかと聞いたり病院から帰っても「名古屋から帰って早いね」とか言い出します。

まだまだ施設には入りたくないのは誰も同じで失敗することを嫌がり見せなくなります。

まだ恥ずかしいと言うのがあるのからいいのか悪いのか。

施設でも高齢でなかなかプライドの高いおばあさんで迷惑かけているような気がします。

「どこ行って来たの?」と聞かれて「大人の学校」と答えていて笑ってしまいました。

算数やしりとりに短歌とかやるからかな、個性豊かな老人相手に施設の職員に感謝です。

「中島君か?大変だね」と送迎の時に若い男性の職員だと行きたくないと言ってたのにあららら行くのね。

おばあさんは若い男性職員でおじいさんは若い女性の職員さんが行くと喜ぶそうです。

若いっていいな、誰でもみんな同じ気持ちですね。

こういう方がいて下さり面倒を見てくれるから私も仕事が出来、遠方へも行く事が出来ます。

 

誰でも自分の家がいいに決まっています。

出来るだけは親の面倒を見ようとは思いますが寝込むようになったら無理ですね。その話をすると咳払いしていなくなるので娘と秘密に話しますが家ではなかなかいう事を聞いてくれません。

自分の親でもこんな年になっても自我があり通そうとするから怖い。より高齢になるほど自我が強くなるのでしょうか。

 

子供でも年寄りでも自分が必要とされているときは嬉しいし活気強く動きます。

人はみな平等に幸せになる権利があります。

その為に生まれて来るのにその途中で駄目になったり生まれても不幸になるのは嫌ですよね。

人生に1つしかない命をどう使うか、それは自分自身の考えと行動で決まります。

人の為に何かをさせて頂くと気持ちもいいし達成感があります。

そして次につながります。助けられたら次は助ける側になり、何か大きなアクシデントが生じたら向かい合うしかない、逃げても逃げ切れない。でんと構えて戦うしかない・・・そういう時も人生には必ずあります。

そこまで頑張って精一杯生きていたら必ず救われます。

助け船も出ます。人生で「10年前はどうだったか?」「15年前はどうだったか?」考えて下さい。

今の方が幸せな方は頑張って来たから。

辛いとか悲しいとか感じる方は今が試練、そこを乗り越えたら大きな幸せが待っています。

そして自分を成長させて頂くいい機会です。

幸せな事ばかり続かないのも悪い事ばかり続かないのも同じく人生です・・・幸せと感じるのは自分だけです。

自分が感じられたらいいのです。

 

私もここまで来るには大きな試練が2度ありました。

内容は違いますが当時はどうやっても抜け出せずに苦しかった。でも「それを捨てればいいんですよ」と言われましたが捨てられない。また思い出し悔しがる。たいした人間じゃないからです。

しばらく休みに一人で本を頼りに歩きました。そして山でも畑でもどこにでも気がつくと神社やお寺ありました。

「なんだこんなの」と思っていた時はせっかく早朝から出かけてもたいして変化もなく疲れただけでしたが時間と共に考える事が出来、自分に必要だったからこんな思いをするんだと分かると恨み言もすっ飛びなんだか嬉しくなりました。

そして出会いがありました。

沢山の方と出会い、教えてもらい学ばせてもらい今があります。

幹部たちとの出会いもその中の1つです。

今はもう私の両方の腕となり動いてくれます。

感謝感謝です。「恨んでいたらいつまでも同じ苦しみの中ですよ。悪いのいは相手ではなく自分です。全ては自分から出たのです」となんちゃって占い師(会の人)さんから言われた厳しい言葉で私は立ち直れました。

 

今はネット社会です。言いたい事を言うと叩かれる場合もあり控えめでも同じ目にあったり、ある事ない事書きたいだけ書かれて傷ついてしまう人もいます。

どこにも賛成派と反対派がいるので仕方ないのですが人が何かをしようとすると必ず反対!と言う人がいます。

政治番組を見てるとその象徴のように派閥や政党でもめていつも「賛成です!」と聞いたためしがない。

反対もあれば賛成もある、賛成派の方がうちの場合は多いので気にしないで進みましょうと言ってます。

見ないで済めば気にもならないので、事実無根を書かれても相手にしないしかないと言われました。それが現代なんだって。

まぁ、嘘はついてるほうがいつかはばれますからね。

悪い事もしていないし嘘もついていないのであれば気にしないで行くしかないでしょう。

自分の人生ですから他人に横やり入れられてもつまらないので、進むことです。

そんな暇はないでしょう皆さん。

育児にお仕事の再開に介護に学校にと、忙しい世の中ですから。

親からもらった1つの命です。光らせて大事にして下さい。

 

今年もお心使いありがとうございます。

一部紹介させて頂きました。

毎年立派な胡蝶蘭を送って頂くキウイ&ルピナスさん今年は変わった色で驚きました。

Kenken&miporinさんもいつもお茶を沢山ありがとう!

お菓子は母子寮で分けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 アトム&ウランちゃんから手作りのクッキーを頂きました。

字がうまくなったな二人とも。

90歳のばあばも17歳のチィママもよばれたよ。上手い!だって。

ありがとうね。

 

| - | 16:46 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
新法に添った活動

ここ数年で特別養子縁組数は確実に上がって来ました。

だからと言って施設児が減ったかというとそうでもない。

里親委託も毎年増えているとは思いますが全国的に対応しているぽけっとでは養親側でも実親側でも「地域の児相や行政ではなんと言われましたか?」と聞くと「まずは乳児院に入れて下さい。その後考えて行きましょう」とか「養子縁組は年に1組か2組ぐらいですから養育里親にして下さい」という意見が大半です。

 

本当に「民間が早くて子供の幸せも早く決まりますよ」と言われることはまずない。

あれば感謝感謝です。

でも「個人的には民間の方があなたの場合、いいと思います」と言われたというケースは嬉しいですね。

児相措置になるとその後はまず養子縁組は進展しません。

大半は長期入所になる事がまだ多いです。

乳児など1つの家庭で丸ごと受け止めて下さるご夫婦に育てて貰うのが1番なんですがね。

これからも新法に併せて活動して行きますが色々面倒でありやることが増えて増えて猫の手も借りたい。きゃっ2gg

保育研修も強化されますし講義も入ります。

縁組組後の家族のサポートも強化されます。縁組だけが目的なご夫婦は今後は当会では今まで通り受け付けられません。

みなさん何卒ご協力のほどよろしくお願いします。

 

さて大型連休もそこまで来ています。

これを聞くとまたいやぁ〜な気分になります。

5月5日・・・・「こどもの日」嬉しくもない・・・私の誕生日でもあります。

今年は何をしようか、誰に会おうかなど考えてはいますが今年はなんと新法に併せての講義が3日4日とあります連休も誕生日もありません。

講師さんがやる気満々で2日からやって来ます。4日に帰られるのかと思いきや5日の午前中だそうです。

しかも「暇なので急がないので・・・」と言われても連休を大半これに費やすのかと思うと・・・

最終日はスタッフと反省会を兼ねて簡単な食事会もしないといけないし、たいしたおもてなしは出来ないのですが遠方より起こし頂くのでそれなりの接待はしないといけません。

前日には大量の資料が届く事でしょうし。

里親制度に合わせた新法なので民間が全国対応してることなど頭にありませんから遠方の家族を取りこぼさないようにして行かないといけません。

うちは親同士の交流会があるので問題はありませんが。まとめる方が苦労します。

 

毎年、連休は仕事は入れないようにしています。移動は混雑して不可能なので。

だからその前後が忙しいのです。

皆さんのそれぞれの連休の過ごし方を聞いて楽しみたいと思います。

 

私にも急きょ23歳の息子が出来てこのたび家の塀の大工事を彼が成し遂げてくれました。

全長95mにもなったので2週間にも及びましたが毎日、朝から自分より年上のおじさんを引き連れて支持していました。

穏やかな子で敬語で「あれやって下さい」とか、まぁよく働いていました。

朝は忙しくてお茶出し出来ないので3時にはこコーラとお茶とお茶菓子を出しますがあまり食べない。

小さい時から甘いものが苦手な子なので大人になっても間食はほとんどしないと言ってます。

時々お昼も用意しましたが息子だけ呼びたいのに他のおじさんにも声かけるので3人とか4人になりスタッフと慌てておにぎり握ったりお赤飯炊いて天ぷら出したり。息子だけなら簡単でしたが・・・

娘が「○○○君だけ呼んでも来れないでしょうよ」と言います。まぁなぁ。エリザベス笑

時々、二人になるとあの当時の話が出ます。

彼の記憶に強く残るのは1番は贈った毛布とくまのぬいぐるみのようです。

さみしい時によくくるまりぬいぐるみを抱き思い出していたと言ってました。ゆう★

時々私と母を思い出してくれていたそうです。感動しました。

 

母も記憶にはないみたいですが「今日は○○○は来てるの?」と聞くようになりました。

今回、会社に話して凄く安くしてくれました。消費税も取らないし1段階グレードを上げても金額は上げなかったそうです。

自分が昔世話になった家・・・という事を話したので会社側も協力してくれたようです。

「3年間に事務所と母子寮の2軒を建ててお金はないから、安いのでご免ね」というと「いいですよ。俺がやれることは何でもしますから言って下さい」とついでに大きな木の処分と植え替えと粗大ごみの処理までお願いしました。

庭のコンクリートの穴を埋めてくれたりあっち直せこっちやってといいように使っても「後は大丈夫です?」と聞いてくれます。

娘とも話すようになり「今日はママさんは?どこに行ったの?」と聞いたそうです。

「ママちゃん」はもう卒業ですね。笑

娘ともまだ敬語で話していて少し時間がかかるかなと思います。

 

娘の高校の数学の教科書を見て「いいなぁ」というので「分かる?」と聞くと「まだ大丈夫です」というので「連休に教えて頂戴!」と言いました。

9日間も会社休みで「何をして過ごすかなぁ」とぼやいていたので得意の数学を教えてもらおうと思ってます。

 

元々、子供の頃から興奮する子ではなく大人しく人の話を聞く子でしたが今もそのままで優しい子です。

ただ仕事中に頭の白髪が目立つので「白髪があるね若いのに」というと「1年間福島に行って帰って来てからなんですよ」と聞いてこんな若い子でも白髪になるほど1年間は苦労の連続で「地獄を見た」と話すほどですから相当のストレスがあったものと思います。

身長も178僂△辰燭里4兔未鵑世噺世Δ里琶垢い燭蕁崕鼎い發了っているのが良くないのでヘルニアになり1年ぐらいきつくさらしを巻いて仕事して筋肉をつけるのが一番だと言われて筋トレして改善させた」と言ってました。

でも爆弾を抱えているようなものなので「無理しないんだよ」と言いました。

実母もすらりとして背が高いので似たのでしょう。

後ろから着いて歩くと子供の頃の歩き方で懐かしく「この歩き方思い出すわ」。えへへへ・・・そうですか。

塀の工事をしようと考えていた矢先に表れて「これから先も頼っていいんだからね。仕事終わってもこれから来たい時に来てね」と言いました。

息子ってこんな感じかなぁ思いながら逞しく成長して。それからこれからは陰から私を支えてくれると思います。

 

人生何があるか分からない。感謝を忘れないとこういうご褒美が頂けるのかと深く思いました。

私や母にとり、この子にとり、再会はこの上ないご褒美でした。

我が家は少ない家族ではありましたが一人増えて彼が将来結婚したり子供が生まれたらそれはもう私たちにとりまた嬉しい喜びごとであれ幸せでもあります。

「福島での1年間は絶対に忘れないし二度と同じ思いはしたくない」と言った彼は毎日、真面目に「俺、今は職人なんです!」という言葉通り日焼けしてせっせと動き回りおじさんたちに采配を振りきつい事もあるでしょうがなにくそ根性で毎日を送る人生へと変わったようです。義母としてこれもまた嬉しく思います。

 

逞しく成長しました!


 

 

 

 

生後6か月か7か月の時

顔が変わってしまっています。

 

 

 

 


完成ました!

 

 

全長95mの塀です。



 

 

手前は会の倉庫・物置も完成しました。(畳11畳分あります)


 

 


 

| - | 13:23 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
新法に願うこと

新法が施行になりましたが9月いっぱいは修正期間ということでぽけっとは新法に併せて活動をスタートしました。

座学・講義が新しく入ります。育児研修と併せて各3日以上計6日以上のカリキュラムを受講しないと該当は出せない事になります。

また必ず最低2人の有識者を入れないとこれも許可がおりません。

今までのように簡単にベビー救済したいから団体を立ち上げよう・・・と言う事では自治体の許可は下りなくなりました。

有識者または実績のあるものがその資格を有する事になります。

 

児相との連携を取るようにと言う事ですがそもそも民間のやり方と児相のやり方・考え方にはいくつもの違いがあります。

数年で担当者が変わるのも連携が保てない理由の1つだと思います。

信頼関係を持つのは簡単ではないですし児相ははなから民間を馬鹿にしたり見下している事を時々感じます。

私は以前、地元の児相に挨拶に行きましたが「今日は何のご用件でしょうか?」と言われて唖然としました。

それからはうちの団体に入った相談ですからたとえ困難な問題を抱えた案件であろうと自分たちで考えて解決しようと思い、独自の考えと無理な場合は連携してる協力病院の関係者やご支援頂いてる関係者との連携を強く大事にしております。

 

しかしこの新法ではいくつもの縛りが出来ました。

3年ごとの許可制で自治体・第3者委員会からも評価をもらわないといけません。

また養親たちへのサポート体制も整えないといけませんし実親へのケアも今以上に必要になります。

縁組だけを目的にしたご夫婦は今後養子縁組は厳しくなるという事です。

問題のあるご夫婦には何度でも縁組後であっても家庭訪問し指導をすることも義務つけられました。

真実告知も必須になります。ルーツを知る権利を子供にはありますのでしっかり伝えて行かなければなりません。

 

ぽけっとではすでに活動を始めた時から縁組後の家族の交流も作っており全国をブロックに分けてブロック長さんにその地域をお任せてしていい点も問題点も上げてもらい話し合いながらどの家族とも仲良しであり養子の子供たち全員が養子である事の幸せを噛みしめてもらえるように考えております。

うちとしては新法が決まって施行になってもそう驚く事はありませんが問題は養子縁組までの何かと必要な書類が増え管理に大変な事ですかね。紙媒体では限界がありますので磁気管理が必要です。

幹部たちには1年ごとに事務局から資料としてCDにして配り保存するようにしました。

また母子寮が完成したのに伴い、大きな倉庫替わりの物置も税理士に許可を取り、敷地内に設置しましたが11畳分で今は広いですが今後ファイルの段ボールが積み上がって行くのかな・・・怖いです。驚き

 

他の団体では有識者獲得の為に人件費などの関係で費用の値上げがある団体も多いようですがうちはまだ今のまま頑張ろうと思います。やす〜い手数料ではありますがやれるところまで行こうと思います。

赤字になったらみなさんご理解下さいね。

厚生労働省でも団体の手数料など費用の明細が分かりますので比べて下さい。

自腹で事務所と母子寮を建てたので私はこれ以上は無理ですから・・・

助成金が出ると言う噂がありましたが政府からはな〜んにも聞いていません。あてにはしてませんが。

 

これで養子縁組家族が増えるかすご〜く疑問です。

研修や講義はうちではなるべくご夫婦に負担のないようにしていますが他の団体は計6日間をどう覚悟するかなと思います。

全国対応ですから同じ県の同じ養親ではないから遠方の方は交通費がかさみますね。

また有識者の確保です。医師・看護師・助産師・社会福祉士・児童福祉士など、そのうち2人が責任者となり厚労省の研修を毎年受けてそれを団体に落として行くやり方です。必ず一人は社会福祉士を入れる事になります。

うちは始めから全員揃っていますので心配はいりません。

 

社会福祉士なんて昨年、地元の方が見つかりそれも向こうから訪ねて来てびっくりです。

ラピスさんの妹さんに以前、いつか50代で背の高い細身の方が入りますよ・・・とリーディング言われたのをスタッフが思い出して「○○先生の事じゃない?ぴったりだよ」と言い出してなるほど・・・この方が来るのが見えていたのでしょう。凄いです!

ありがたいです。

さて、どうしよう・・・都合により選手交代をしないとと考えていたら来ました。

こうして足りないものや困るとすぐに助け船が出るのは何より嬉しいし不思議です。

頑張っているから子供たちもみんなで応援してくれているのかなぁと思います。

 

今年は少々、身体的に健康上の問題のある子供の相談が多いのですが子供に面会に行くと子供たちはすでに分かっているかのように私の顔を見てじ〜っと見つめて話を聞いてくれます。

実親たちは横で泣いていたり離れて見ていたりしますが「よく頑張って来たね。よく生まれて来たね。ありがとう!新しいおうちに行こうね。産んでくれてありがとうと言ってから出ようね」などと実親の事を話して「また会おうね。忘れないよね」と言いながら実親の家を出ます。後ろでドアが閉まり大泣きしていますがここからがこの子の人生の始まりと思い振り返りません。

 

3月は元々は3件の男児の相談で楽勝なんて言ってたら来るは来るは気がついたら7人来て1人が女児、後はみんな男児でした。

2人が月齢児で5人が新生児。よくもまぁ男児ばっかり揃ったことまぁ。お雛様の月なのに・・・

5月のお節句は凄いなぁ・・・とにやり。

一人関西にお迎えに行きそのまま養親宅に送り届ける時に新幹線の中から大きな虹を見つけて・・・興奮しました。

白い雲に紛れていて私が見つけるのは珍しいのですが・・・すっかり晴れた虹ではない事から、この子はこれからもいくつかの困難にぶつかるかもしれないがきっとこうして晴れる・・・解決する事になるんだろうなと、諦めてはいけない・・と思いました。

新幹線の中からスマホで撮影するのは難しいですが記念に撮りました。

 

頑張って産まれて来たけど何らかの障害や病気が見つかったりする子供の養子縁組はなかなか難しいのが日本での現状です。

児童相談所ではまず「いないですよ親が」「障害や病気は乳児院に入れた方がいいでしょうが養子縁組の親はまずいません」とどの相談者からも聞く言葉です。

探すこともしないで子供がその後実親から離れて養子縁組も里親委託もされなかったらその子は死ぬまで施設で生きて行く人生が待っています。それは想像以上に過酷です。なんの為にこの世に生を受けて生まれて来たのか・・・それだけは避けたいと思うから私達は何とかそういう子でも可愛がってくれる親を探します。

 

ぽけっとのHPにリンクを張ってくれている養親のブログから多くの養親希望者や実親さんの相談者が希望を持って相談されています。「勇気を持った」「幸せが充満している」という嬉しいお話も事務局には届いております。

ブログをやって下さっている養親さんたち、本当にありがとうございます。

自分の子共の実親さんも勿論、喜んでいらっしゃいますが一般の方や他の団体の養親さんからも喜びの声が沢山届いております。

 

人は色々ですから賛成派もいれば反対派もいますが多くの方は「子供が幸せになればいいのでは」と言って下さる方が大半です。

施設児を一人でも無くす為に養子縁組家族が増えるように新法を踏まえこれからも進みましょう。

「何もできませんがサイトを毎日見て心から応援しています」という方もいらっしゃいます。

「自分が育てたらこの子を駄目にしていたと思います」とある親のブログを見て相談された実親さんも何人もいらっしゃいます。

ブログをやっているみなさん、本当にありがとうございます。

嫌なこともあるかもしれませんがおじけず勇気をもって皆さんの幸せ度をいっぱい発信してあげて下さい。

 

先日、瀬戸内寂聴さんの若い付き人兼マネージャーさんが本を出して売れたら誹謗中傷を受けて落ち込んでしまったと言う話を聞きました。

「本を売り出したいから寂聴さんに近づいたのか」といかにも寂聴さんを利用しているみたな事を言われたそうです。

寂聴さんは「そんな事は気にしなくていいのよ。あなたにはそれだけの力があるし魅力があるのを私は十分知っているから。言いたい人は妬みからなの。逆に言うとあなたが素晴らしい人だからよ。自分には到底出来ないその才能があなたにあるから悔しいだけ。気にしないで自分の行くべき道を行きなさい。私が応援するから」と94歳でしたか凄いなぁと思いました。

私も寂聴さんのあのキャラ大好きです。

前は岐阜県の前田和惠さんのファンでしたが(今でもファンですが)今はあの老人パワーの寂聴さんには頭が下がります。

この話を聞いて自分の事もですがぽけっとの事も同じで重なる点があると思いました。

人は本当に色々な方がいっぱいですが中には理解してくれる方や応援して下さる方も沢山いらっしゃいますから世の中捨てたもんじゃない。

 

この私でさえ神奈川の病院で看護師さんに「あのあの・・・ベビー・ベビー」「ぽけっとです。」「そうそうマザーざんですね」と言われて?誰かなぁと思いました。

その病院のその後の子供への対応のいい事、主治医も話が分かりましたし師長もいい方でした。

 

また娘が別の高校の授業で「あんたの事を見たよ。授業で流れたよ」と2つの高校の友人から言われたそうです。

1つは特別養子の授業をしたそうです。それはなんとなく分かる。「お母さんが出ていたよ」と言ったそうです。

娘のは多分、養子である事に関して取材を受けた時のものか小さい時の私とのものか、まぁ養子縁組関係だとは思いますが。

ただ、地元の高校ならせめてDVDを視聴するぐらいは言って欲しいなぁと思いました。

きっと先生たちが見て良かれと思い録画したのを授業で使ったものと思います。

知らない所でどのように使用されたのか興味があります。

私や娘を知っている人が見たのは間違いないですが、感想など出来たらそちらを聞きたいと思いました。

 

さてさてこの新しい法律は縁組家族にとっても養子を希望するご夫婦にとってもあるいは予期せぬ妊娠で悩んでいる女性にとっても救いの神になるのかまたは立ちはだかる壁となるものなのか・・・不安だらけのいばら道にならないで欲しいものです。

政府の目指す「質のいい養親」とはどんな親を言うのでしょうか。

 

京都の晴明神社で見つけました!

 

 


誕生日が近いので並べてみたら・・・

赤ちゃんの1圓虜垢和腓い

上が早く生まれたから小さいけど2800gでお兄ちゃんです。

下が遅く生まれて来たけど3800gで弟・・・他人ですが。

3月生まれのボーイズ、元気元気の同級生でお友達

 

 

 

 

 

 

う〜ん、ねむ〜い・・・しあわせかお^-^

 

 

よく生まれて来たね

幸せになろうね!

いっぱいお話しました。

 

 

雲にかかりながら合間に見える虹

肉眼では結構大きなアーチ形の虹でした


中々撮影が難しい。
 

 

 

| - | 20:44 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
再会・・・・叶うんです!

昨夜、うちに来客がありました。

玄関に出てみると若い男性が立っており「昔お世話になったものです!」と言いましたが覚えがない。

「いつですか?お名前は?」と聞くと「子供の頃に・・・・○○○です!」

「うそっ〜〜〜〜○○○?、よく訪ねてくれたね。お母さんに似てる!上がって」と興奮しました。

母にも「○○○だよ、大きくなって・・・訪ねてくれたんだって」と言うと母も驚き、もう話が次から次へと、鉄砲玉のように私が質問責めにしました。

なんと、私が以前、生後半年で日本に住むアジアと日本のハーフの男の子をお世話したあの子です。

3年半面倒を見たのがきっかけで里親登録・養子縁組・団体立ち上げとなったきっかけを作ってくれた子でした。

 

もう感激で、「テレビでよくあなたに合いたいみたいなのでいつか○○○が訪ねてくれないかなぁ〜と話していたんだよ」と言いました。

彼は今年24歳になるそうです。

保育園の年中の時に母親が日本人と結婚すると言うことで北陸地方に引っ越して行きそのまま別れてしまい風の便りで下に妹が生まれて千葉県にその後引っ越して来たようだと聞いていました。

頭のいい子で記憶力が良く、当時、私達家族や知人は出来るだけ可愛がり、子供のいない我が家では「この子を養子に迎えようか」とまで母と話していました。

旦那は反対で「実母は日本で子供だけが生きがいに生きているんだから引き離してはあかん」と言われて諦めたのと実母が私に取られると思い、子供に当たるようになりこれ以上は無理だと手放しました。

でも日本で生まれて名前も顔も日本人なのに国籍が違う事で将来きっと苦労するだろうと思いました。

新しい父親になる人に「なるべく早く日本国籍を取ってあげて欲しい」と頼みましたがその後、いろいろ問題が出て来て2年ぐらいで家族全員でその地を離れて知人を頼りに千葉県にまた引っ越して来たそうです。

 

やはり気の強い実母は短気を起こしこの子にもあたり散らしたり毎日夫婦喧嘩が絶えず入籍もしないままで妹と母親とこの子と3人でまた茨城に越して来たそうです。

小学校は千葉県で通ったそうですがいじめに合いそのいじめは引っ越して来た茨城県の中学まで続き最後は切れて学校の裏で1対6でこてんぱんにしてやっつけたそうです。

勉強しないでも出来る事と日本国籍でないがゆえのいじめで壮絶だったそうです。

体の大きな子だったので自分には力がある事は十分理解しており手を出したらどうなるか分かっているから我慢していたそうです。

それからいじっめ子達は彼を怖がり今度は彼がボスになり暴れ回ったそうです。

原因は親の喧嘩を目のあたりにすること、親がスナックで働くこと、そして日本国籍でない事で受ける差別だったそうです。

笑いながら話すそのはにかんだ顔は子供の頃を思い出し、大きな体格でお人よしも母親ゆづりで若いせいか騙されて沢山傷ついて。

実母はその後新しい男性が出来てまた下に妹が生まれてその男性と一緒に住むのが嫌で家を出て更に荒れたそうです。

 

高校は退学したと言ってましたが勉強は好きでしなくても5教科で400点以上を取るのでまたそこでもいじめにあったそうです。

遊んでいてつまらない高校に入り面白くないので退学したようです。

「絵に描いたような悪な人生だな」と私が言うと笑っていました。

「一番辛い時期はいつだった?」と聞くと「福島に原発関係の仕事で行き、会社がブラック企業だったので騙されて多額の借金を作りそれで変なのが家に来る事かな。でも福島で人に騙されて車の事故も起こし借金して地獄を見たので今の方がまだ幸せ」と言い切りました。

「若いのに随分苦労したね。うちにいたら国籍を日本に変えて好きな学校に行かせて私の自慢の息子だったかな?」と言いました。

当時の実母と私の確執も話してみました。

「そうだったんだ」と笑って・・・「俺、仕事で通っていた保育園の近くに来て昔住んでいた事を思い出し車で通ってみて思い出して多分、昔、この家に絶対にいたと思ったけどあるものがなく少し変わっていて、でも家を見たらここだと思って思い切って尋ねました。引っ越した後に俺に毛布とクマのぬいぐるみを贈ってくれましたよね?一人で寂しい時にいつも抱いて寝てました。あの茶色の毛布もありがとうございました」と使ってくれたことにまたウルウルしてしまいました。

 

「○○○がいなくなり寂しくてうちも子供を何とかしなくてはとあんたがきっかけを作ってくれてこういう活動を立ち上げたんだよ」と今、いる赤ちゃんを抱かせました。

「可愛いなぁ」、慣れている。まさかと思いきややっぱり。18歳の時に同じ戦争難民のハーフの子との間に女の子が生まれてその後別れたそうです。

福島から傷ついて帰り今は新しい日本人の子と知り合い同棲しているそうです。

隣の部屋に彼女の母親と妹がいて喧嘩すると親にちくりに行くのがなぁ・・・と言ってました。

でも自分の事を理解してくれているのでそれは嬉しいそうです。

 

私がいつも言う話で「育てる環境がないのに親になっては駄目。今は生活を安定させて借金を少しづつ返してまだ若いんだからいつでも子供は持てるよ。そして自分に余裕がないのに人を助けるのも駄目、○○○のお母さんもいつもそうだった。そして自分が困りあんたに当たっていたよね。自分が救われていないのに他人なんて救えないんだよ。まずは自分の事をしっかりやろう。地に足をつけて真面目に生きて行って。必ず救われるから。私たちも応援するよ」と言いました。

どうしても日本国籍を取りたくて自分で調べてやってみたけど小さいうちならまだ良かったけど予想以上に大変で、成人してしまったのでもう諦めて永住権が取れるまで待つ方が早いと考えたそうです。

「アジア国籍であろうと生まれたのが日本で親も片方が日本人だし○○○はれっきとした日本人だよ。名前も日本人の名前を付けてもらって字も読み書き出来るし頭もいい。気にすることはない」と言いました。

日本国籍がない子が日本で住む難しさを目の当たりにしてその子の人生も見せつけられ・・・何とか出来ないだろうかと思いました。そう、あの時もそう思って動いていました。

「母親は何にも考えていないから」とぽつんと・・・自分の事は自分で何とかしようと覚悟しているようです。

 

それから子供の頃の思い出話が次々に出て来て玄関も覚えているし部屋も思い出した。

のれんもあったよね前から。物置がなくなっていたので驚いたとか5月のお節句の」兜があったのも覚えていて「あれはもうないよ。まさかあんたが戻るとは思っていなかったからあげちゃった」というと少し寂しそうでした。

俺は「ママちゃんと呼んでたよね?と言うのでそれも覚えているの。嬉しいな。」、「お母さんは産みの親だからねお母さんと呼んで私は産んでないので「継母(ママ母)でママちゃん」がいいかと思って呼ばせていたよ。それもお母さんは嫌だったのかも知れない。

 

本当にうちにいた3年半が蘇り次々質問して来るので「本当に素晴らしい記憶力だ。辞めたままにしないでいつでもいいから通信で取りなさい。勉強が嫌いじゃないしやりたいんでしょうから」と言いました。

耳に2つピアスして指に神風の字のタトゥ−入れて今の子だから仕方ない。

お酒は飲まないけどタバコは吸う、子供は好きで妹の面倒も見る。仕事も好きだし健康体。

23歳には見えない落ち着きがある。

何度も父親が変わり住まいも変わった。親の喧嘩を見せつけられて転々と住まいが変わる。

中学生の頃には警察沙汰にもなったそうです。荒れて子供だから補導されたかな。

娘が黙って私とのやり取りを聞いていて「私のお兄ちゃんだね」と言いました。

「○○○を養子にしたらあんたはいなかったよここには。2人は無理だもの」と言いました。

「いい娘さんですね?優しくて・・・」と○○○に言われて「そう?喧嘩もするよ。手は上げないけど。言いたい放題私にも言うよ。親子だから喧嘩しても明日は忘れてしまうけどね。養子だと言う事は小さい時に話して理解している」と言いました。

 

娘が後で「塾でバイトして講師をしていたって言ってたよ」と後で言いましした。

やっぱり勉強したいんだなぁ。もったいない!

 

2時間ほどでしたが遠慮してご飯を食べて行けばというのを帰るというので少し多めに小遣いを上げました。

「これからはいつでもいいからおいでよ。心配ごとがあったら相談していいんだよ。お金は貸せないけどないから。それ以外なら何とかなるから・・・」。

この子の養育が出来たことでベビー救済をしようと思い、団体を立ち上げて今に至ること、取材のDVDをいっぱい持たせて帰しました。実母も私が出た放送を見たらしい事を言ってたそうです。

きっといつか実母と妹も連れて来ると思います。

 

20年以上も音信不通でありながら記憶をたどりながら会いに来てくれた事・・・養子ではないけどもう私のもう一人の息子みたいな感じです。何とか幸せにしてやりたい。

なぜに今ここにこのタイミングにこの子は私の前に現れたのだろう?

どうして神様はこの子を現したのだろう?何を私は悟り今後に生かせばいいのかしら???と毎日考えています。

産みの親より育ての親・・・よく言ったものだ。

真実告知の重要性、今回の出来事で痛感しました。

そして子供は恩を感じたならばたとえ時間が経過しようとこうして黙っていても探すものだ・・・と強く感じました。

だから真実告知を必ずしないといけないんです!!

なぜに自分が身を持って今回経験させられたのか???

しかし分かるのは生後半年のこの子との出会いから私の人生が大きく変わって行った事は間違いないでしょう。

私は○○○は熱を出すと39度とかになるよね?保険証がなくて市役所に行き掛け合ったけど全然駄目で診察代1万、薬1日分で1万、保険証がないと熱出してもあんたのお母さんじゃぁ何回も病院に行けなくて心配したものよ。子供の病気はお金なんて言ってられないけど保険証のない辛さをしみじみ感じたわ」と話すと「そうそう、今でも40度とか熱出すよ」と。

扁桃腺持ちだと思うから子供の時に切ってしまった方が熱は出なくなるんだよと言いました。

確認しておきたい事があり「保険証はあるの?通帳は持ってる?」と聞くと「あります。でも日本人じゃないから銀行でお金を借りられないんだ」と言いました。

それ以外は何とかなるのか。やはり永住権を取るしかないのね。頑張れ!!

 

この子は今は建設関係の会社で働いており若いからおじさんたちとはあまり話をしないようですが「仕事が出来る人間になるんだよ」と言いました。喧嘩しない・嘘つかない・礼儀を正すことを伝えました。

「俺、これでも現場を4つも任されているんです」と言うので外構・・・塀やブロック関係の仕事をしていると言うので「あら、うちの塀を新しくする予定だからあんたやる?」「やらせてもらえますか?」「安くしてね」と交渉成立。笑

期日を言われたら出来ないかもしれないけど時間がかかってもいいなら俺がやると言ってます。

「これも何かのご縁だから○○○の腕を見せてもらおうじゃないの」と言うと「本当ですか!頑張ります!」

何だか敬語で話すので少し寂しいですが、「当たり前でしょうよ」と娘が言ってます。

 

子供が育つ環境は子供の人生を大きく変えてしまいます。

生まれて来てどんな環境で誰が育てて行くべきでしょうか。それによって子供はしないでいい苦労をしたり苦しむ毎日を送る事にもなる。立ち直れる力があればいいですが誰も手を貸してくれない、話をきいてくれない、人間が誰かに頼りにされる事が一番生き甲斐になるそうですがいつも誰かが見守ってくれることは凄く大事な事だなぁと思います。

「子供はみんな平等に幸せになれる権利がある」のに・・・

 

今回の再会は本当に嬉しいです。こんな事が本当に現実に起こるんですよ皆さんにもいつか・・・きっと・・・

 

落ち着いたら社長さんにご挨拶に行こうかと考えています。育ての親として・・・なんちゃって。でも実母はそういう親ではないから代わってそれくらいしないとこの子の為だから。

 

上野のパンダしゃんしゃん

赤ちゃんは何でも可愛いです!

 


 

| - | 18:35 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
修学旅行

1月31日から娘がイギリスに修学旅行に行きました。

行くまで大騒ぎして私は仕事をしながらで買い物に行かされて、自分で気に入らないと買わないしスーツケースもレンタルしても結構高いのでドンキーで購入しました。

7日間用は大きめと小さいのがあり大きい方を買いました。

今後も何かで使うかと思い、しかし142僂里ちびさんですから娘が入れる感じで・・・持ち上がるかい?

サーモンピンクで派手ではなくまぁ本人が気にいり決めたのでいいでしょう。

 

イギリスは寒いし食べ物は美味しくないと聞かされていてカップ麺だのお菓子だのいっぱい持って2人部屋なので仲良くやってるみたいです。一番いいよね。

私の時は九州でした。行きは初めての飛行機でルンルン、帰りは大型船でゲロゲロ・・・海が荒れてみんなダウンしてました。

時代は変わり今や海外の時代。テロで危ない時もありましたが・・・クラスごとで班になりますが10班ぐらいかな、もっとあるかな。

マンモス学校ですからね後から後から行きます。

午前11時半のフライトなのに8時半羽田集合で朝6時10分に乗り出かけました。

荷物は先に運送会社が空港に運んでくれてショルダーバッグをこれもまたでかいのを下げて行きました。笑。なんでも入る・・・

寒いので必ず80デニール以上のタイツにヒートテックの下着・・・タイツが薄いのしか持たないので熱出したらどうする?病気になったらどうする?と何度も言って入れてやりました。イギリスまで母は迎えに行けないぞ。

 

なので31日から母もショートスティに行ってもらい私は1週間一人です。

始めての一人で独り暮らしとはこんな感じか、食事も適当だしお風呂も一人なので好きな時間にセットしてなぜか娘のベッドにもぐりこんで寝ています。

母はいきなり1週間のお泊りで戸惑っていないか心配ですが今回は修学旅行で1週間いないからお願いねと言っておきましたが覚えているやら。帰れなかったらどうしようと心配していないか気になります。

ラピスさんに教えて頂きケアマネにお願いして介護の階級を上げてもらうようにしました。

市の担当が来て今のままらしかったのですがケアマネが大げさに話してくれて1つ上がりました。

要介護3にならないと施設に万一入りたくても入れないそうなので・・・

今は元気になりましたが91歳ですしいつどうなるか分からないので取れるなら取っておかないと私が困ります。

出来るだけ自分で見るつもりですがね。

 

1週間一人生活は何もしないで済むししたいように出来ますがぐうたらになりますねこれは。注意する人もいないわけですから。

そしてもしこのまま倒れて心臓が止まったら・・・孤独死きゃっ2dokuro

そしてひとりごと・・・何とも寂しい。

話し相手がいないのは本当に寂しいです。

思春期の娘と高齢な親と、やはりいつものメンバーがいなのは何となくつまらない。

返信のないメールを旦那に打ち、さぁ寝るかと寝ました。

 

学校のHPに写真が掲載されていてまぁ楽しくやってるようです。

やっとメールが来たか思いきや「買い物した支払日が2月4日までだから間に合わないので払っておいて。帰ったら返すから・・」嘘ばっか!

なんだかんだ言いながらも明日の夕方帰国します。

修学旅行・・・一生の思い出になりますね。これから帰ってから1年間は受験で苦しむのに・・・今はいいかなこれで。

 

私も親にならせてもらいまし。

子供の養育と親の介護・・・そういう時代に入りました。

親の介護が先か養子縁組が先か・・・それによって自分達の人生も大きく変化します。

やはり早い決断が重要だとこの頃節に思います。介護もまた待ったなしですから、いついなんどき自分たちの身に降りかかって来るかその覚悟もまた必要です。

 

イギリスのどこなんでしょうね???


 

 


 

 

出発する少し前に書いてあったメモとリポデ−

笑ってしまいます。

 

| - | 19:03 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
みんなでベビー救済!!

先日、室井滋さんから素敵なプレゼントが届きました。

社会貢献の受賞のお祝いだそうです。

決まった瞬間に関係筋には連絡が流れて行きましたが中京テレビさんからまさか今までの役者さんたちまで流れて行くとはねぇ・・・

そんな私はまぐれかな?みたいな感じなのに。

 

11月に母子支援の研修会に韓国に今年も行かせて頂きましたが空港で帰りに「マザーさん!!」と呼び止められ??「虻川さん」、スタッフの浩子役のあぶちゃんでした。

「社会貢献の受賞おめでとうございます!」と祝福されて恐縮しました。

もう知っている。(;´・ω・)

プロデュ―サ―から聞いたらしいですが「あのドラマのお仕事させて頂いて本当に私も嬉しいです」と喜んで下さいました。

 

そして室井さんからは銀の(多分)お皿大小セットが贈られて来ました。

まさかの贈り物でお手紙も添えてあり「私も今後のマザーさんの役柄を一生懸命演じることでお力になりたいと思います」という内容でした。

まぁ・・・まぁ・・・なんでなんで?私に??

光栄で私の役を上手く出して下さっておりそれだけでも十分なのにこんなお手紙や贈り物まで頂いて何をお返ししたらいいやらまだ迷っております。

茨城の地場産はなぁ???

また今年もドラマが制作されますがその時の差し入れのお弁当がいいかなと思いますが半年以上も先でどうしようかな。

昨年のお弁当は大変美味しく監督までわざわざ礼を言いに来ましたから。

にゃにゃんこさんとこの特製弁当でした。

室井さんはお肉大好きだそうです。

とにかく考えます。

 

こうして毎年会の活動の内容をドラマに納めてもらい楽しみに待っていて下さる方も多くなり再放送も決まり放送されても残念ながら関東の私たちは見られません。

OBのDVDが届くのを待つのみです。

撮影現場に毎年行きますが本当に面白いしこうして出しているんだと見ると感激します。

撮影に終わりはないですからね。ながくかかり何度も同じセリフが聞こえてきたり、見えないところで役者さんがセリフやふりの練習をしていたり、「みんなマザーさんのファンですよ」とプロデューサーに言って頂き私ではなくうちの活動のファンだろうなと思います。

 

今年もどんなドラマになるのかどんな展開になるやら・・・期待しています。

 

第1作目の中村 蒼君も結婚し赤ちゃんが誕生したそうです。

南沢奈央さんもお付き合いしている方がいるそうですし第2作目、第3作目の清野奈菜ちゃんも木村佳乃さんもバンバンテレビに出て活躍されていますし昨年の4作目の広瀬アリスさんは現在NHKの朝ドラで頑張っていますね。

みなさん凄い頑張っています。

私達もみんなでベビー救済頑張りましょう!

 

 

 

 

| - | 17:19 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
年明けからぞくぞく・・・

昨年、出産した実親さんから嬉しい連絡がぞくぞく入りました。

また母子寮が新しくなったことで家族で見学に来られた方もおります。

移動して来た時は心配もありまた家に帰りたくないと泣かれて困ったりしましたが時間が経過して少しづつ落ち着いて来て、家に帰ることが出来た事で親も何とか迎え入れてくれたようです。

仕事もやっと自分のしたい事が見つかり研修中でもうすぐスタートを切れるようです。

私の留守中の事でしたがスタッフが対応してくれ当時その実母の面倒も見たので親とも話していい雰囲気だったそうです。

 

新しい母子寮を見学して行き感激して帰ったそうです。

ありがとうね!

差し入れもありがとうございました。

「事務局に遊びに来るのはいつでもいいけど母子寮に入るようになったら駄目よ!」と言ったそうです。

みんなで大笑い!

 

そして引っ越しをされて心機一転頑張る実親さんもいます。

引っ越しは夢を求めて引っ越す場合と仕方なし事情により引っ越す場合などと色々ですが生活環境を変えることで人生が変わることもあるので行き詰まったり「変わりたい」と懇願するならば思い切って環境を変えるのもいいかも知れません。

でも一人で住むなら周りをよく見て怖い思いをしないような場所に行って欲しいと思います。

とかく女性の一人暮らしは今は十分に注意して下さい。

 

また昨年養子に出した実親さんの事が心配で会の社会福祉士がこまめに連絡を入れてますが初めて実親から連絡があったそうです。

そして自分の今の状況と考えを話してくれたそうです。

なかなか電話だと心を開いてくれないケースも多くあり凄い進歩だと喜んでいました。

出産が終わったからとか養子に出したから終わりではないので。

 

それぞれが踏ん切りが付き、それぞれのスタートが切れるといいですね。

 

 

今年初めてくまもん!!

今年もよろしくね!

 


久々茨城空港の早朝便・・・福岡行きを見送りしました。

 

 

| - | 19:53 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
2018年がスタートしました!

明けましておめでとうございます。

今年も7日かが経過しましたが皆さんはどんなお正月をお迎えになられたのでしょうか?

子供が来て初めてのお正月を迎えた方やこれから希望が叶うようにお参りに行かれた方、病気で回復を祈願された方、介護でお疲れの方など、さまざまでしょうね。

 

うちは珍しく年末年始は赤ちゃんがいなかったので家の事がやれましたが90歳の母が30日に転んで背中を打って毎日、痛い痛いの連続で憂鬱になりましたが痛い本人はそれどころじゃない。

2日に緊急で大きな病院に行きCTを取ったら骨は折れてないし大丈夫と言われて翌日、「またかかりつけの病院でレントゲンを撮り、「ひびも入っていないから打撲の重傷ってとこかな」と言われて痛み止めの強いのが10日間出ました。

でも年寄りだからか効目が遅いのか痛い痛いは止まりません。

12月半ばに庭で転び膝を打ちこの時も痛い痛いで大騒ぎ、車いすを借りてます。

もう膝も背中もでどうしようと思いましたが今は膝はいつの間にか治っていて水が溜まっていましたがなくなりました。

でもその分、背中が痛い。

痛みって年を取ると後になってから出て来ると言われており、治りも遅い。

12月から一緒に入浴するようにしました。

元気だとは言え、こうして母と入浴するのもあとどのくらいだろうと思い親孝行の為にも少しできることをしようと思います。

いつも家と子供の世話を頼んでいたのでこれからは私が・・・とは思いますがどうかな。

 

娘と入ると小さい二人がお風呂に入り大喧嘩になります。

娘も頭に来て母も孫には負けられないと思うのか「お湯かけた。怖くて入っていられない」と言うし、「ばあばなんか面倒見ないからね。一人で入って」と。

 

今は痛いところがあるので優しくしてやってといいますが・・・片方は反抗期でいうことを聞かない。もう!!

ラピスさんに新年早々相談してしまいました。

急きょ、手すりを歩行場所につけて部屋で押す小さい老人用の押し車も購入し、なんだか急に介護生活に入りました。

子供がこれから生まれるのにどうしようか・・・そうしたらケアマネに相談します。

痛みが引けば違うでしょうが高齢ですからね。しかし根性は強いわ。

打撲でも腫れてないし赤くも青くもなっていない。触ると痛がっていましたが今はそれはなくなり、でも何もしなくても痛いという時もありで分かりません。

本人曰く「痛いものは痛いからしょうがい!」

 

こうして自分も高齢な親の介護を心配しながら生活していますが待機組の中にも親の介護に追われて該当を延期して来た親や検査で病気の疑いありで先に進まないなど該当はやはり順番通りには行きません。

ご縁なんですから全ては。ご縁があれば来るでしょう。

 

昨年は養子に出してからひとりで働きながら夢に向かって国家試験に合格した実親さんや専門学校に入学し頑張っている報告や嬉しいお知らせもいくつも頂き、「これも養子に出せたからです」と言ってもらえるとこちらもお手伝いした甲斐がありました。

子供も新しい家庭で幸せになって自分も安心できたので勉強や仕事に励んで行けたそうです。

でも中には児相から実親の消息を教えてくれないかという連絡もいくつかあり、私たちが聞いていた内容とは違い「あれは嘘だったのか」と思い知らされたり実親の滞納した税金や携帯代やキャッシュカードの延滞金の連絡など相次いで来たり、弁護士や管轄の行政たちからも消息を聞かれたり残念なこともありました。

子供を施設に入れたまま消息がつかない相談もこちらに入り、施設にいる子供の方は可哀想だねとスタッフと話しています。

 

やはりその後、連絡がつかなくなる実親の場合はあまりいい知らせは来ないものですね。

裁判中であろうと確定後であろうと「元気です」「何とかやってます」があったら養親も私たちもそれだけで満足なんですが。。。

中には「結婚しました」や「婚約しました」なんてのもありこうなると本当に幸せになって良かったと安堵します。

人生は本当に明日は何が起きるか分からない。

だから毎日、嘘をつかず何かの為に、人の喜ぶことをして生きてを行ったらきっといいことがあるんですよ。

悪いことをしたらその倍になり自分に返ります必ず。

いいことしたら倍になり自分に返ります。

世の中は今や人の妬みや恨みの渦が固まり襲って来ますが「私は何も悪くないよ。悪いことはしてないから、ちゃんと見てる人はいますので」。お天道様・・・・とはよく言ったもんだと思います。

そう思いながら今年1年も頑張ろうと思います。

 

特別養子縁組斡旋法が4月1日より施行されます。

私たちも新しい法律に慣れるように毎日、テキスト読んで改善書類に手を加えたりやるべきことがいっぱい増えたので対応が大変です。

詳細はまた後日にお知らせします。同居家族にも養親と同じ対応が必要となります。ああ〜あ、大変だわさ。

 

皆さんもお力をお貸し下さいね。

皆様にとり素晴らしい1年でありますよう・・・

 

 

年賀状ありがとうございました!

300通を超えました。

赤ちゃんだった子も2歳児なるとお兄ちゃん顔・お姉ちゃん顔になりましたね。

幼稚園児になる子、小学校に上がる子・中学生になる子・・・

皆さん、生まれてきてくれてありがとう!

育ててくれてありがとう!

| - | 19:31 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
マザーズ一挙に再放送のお知らせ

テレビ放送のお知らせ

 

 

中京テレビ(愛知・岐阜・三重)で今夜から「マザーズ」の再放送があります!

(中部ブロックの皆様、録画保存お願い致します)

 

【ドラマ】再放送

 

「マザーズ」
2017年12月26日(火)

26時31分〜27時56分

 

「マザーズ2015 17歳の実母」
2017年12月27日(水)

25時04分〜26時29分

 

「マザーズ2016 母たちの願い」
2017年12月28日(木)

25時31分〜26時56分

 

「マザーズ2017 野宿の妊婦」
2017年12月28日(木)

26時56 分放送〜28時21分

 

【ドキュメント】再放送

 

「マザーズ〜”特定妊婦”オンナだけが悪いのか。」
2018年1月1日(祝)

27時18分〜28時20分

| - | 17:45 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |